貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

にちようびのにわへようこそ」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

にちようびのにわへようこそ 作:武鹿 悦子
絵:西巻 茅子
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1994年
ISBN:9784338081139
評価スコア 4.22
評価ランキング 16,681
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • できないことも

    西巻さんの絵本を読んでいたら、できないことがあって憂鬱という絵本が何冊かあることに気づきました。

    この本のとこちゃんはなわとびが苦手。

    子どもにとってできないことができるようになるってことって、とっても大きいことだと思います。

    大げさに言うとできることによって世界が変わってしまうようなもの。

    繰り返し出てくる「とべなくたって いいんだよ」がとこちゃんへの応援歌のように響きます。

    おもしろいのはうちぎたちの名前。最初に出てくるのは「げつようび」、その他にも曜日にちなんだ名前が出て来ます。

    冬になるとなわとびを園でも学校でもしますので、冬の時期に読むとちょうどよさそうな。

    できないこともできるようになるのをゆっくりとできるようになるのを待ってあげたいなあって思いました。

    掲載日:2012/01/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「にちようびのにわへようこそ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット