もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

てん」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

てん 作・絵:ピーター・レイノルズ
訳:谷川 俊太郎
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年01月
ISBN:9784751522639
評価スコア 4.82
評価ランキング 169
みんなの声 総数 90
「てん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 『・』が作品に!?

    お絵かき嫌いのワシテ、真っ白の画用紙を見た先生が、「何かしるしをつけてみて」と言います。
    苛立ちながら、ワシテが描いたというより押し付けてできたのは、ひとつの『・』。

    普通なら怒りますよね?もしくは、たしなめますよね?
    先生は、この『・』をちゃんとした作品として、立派な額に入れて飾ってくれたのです!

    このあと、ワシテがどうなったのか、想像に難くないと思いますが、「描けない個性を認めること」、「作品を固定概念で縛らないこと」、そんな先生の柔軟な考え方が、ワシテの新しい可能性の扉を開いたことは間違いないです。
    そして、何人かの先生が、レイノルズの可能性の扉を開いたこともまた然り。

    レイノルズの作品って、いつもどきどきさせられます。
    すごいなぁ!!

    掲載日:2014/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • この先生のように

    表紙のオレンジの大きな丸に惹かれて偶然手に取った絵本ですが、自分が読んで感動しました。
    シンプルな絵と文章が、心にスッと入っていきます。
    絵を描けない、書きたくもない女の子が、先生の一言で自信を得て絵を描きまくり、
    学校の展覧会で英雄になるというお話です。私も小さい頃から絵が苦手で、今では描くこと自体を避けています。今まで「才能は持って生まれたものだからしかたがない」と、いつも否定的な気持ちでいたことを反省しました。
    できないとあきらめるのではなく、自分が出来ることを探そうと、子どもたちにも思ってもらえたらいいなと思います。自分もこの先生のように、子どもに自信を与えられるような親になりたいなと思いました。
    この本は、ちょっとあきらめ気味の大人にも、オススメです。

    掲載日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  •  絵を描くことが苦手なワシテ。ある日、先生にいわれるままに、「点」を描いたワシテ。そして、そこに自分の名前をサインした。
    その絵は、次の朝、金縁の額に入れられ飾られていた。
     それから、ワシテはいろいろな点を描き、展覧会が開かれるまでに。
     そして、その絵を見た絵が苦手な男の子にアドバイスをする。自分が先生にしてもらったように。
     だれにでも、苦手なことってありますよね。でも、それは、本人の思い込みかもしれません。
     それがちょっと見方を変えただけ、得意になれるんです。周囲の人のちょっとした言葉かけで。
     このことは、子供だけでなく、大人にも言えることだと思います。 
     自信を持つことは、素晴らしいこと、とても大事なことだと思います。
     いろいろなことを教えてくれる絵本です。
     シンプルで柔らかいタッチの挿絵が、優しい気持ちにさせてくれます。

    掲載日:2010/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの興味を引き出す大切なこと

    「ちいさなあなたへ」のピーター・レイノルズということで、絵になじみがありました。

    私も絵を描いてと言われたら、苦手意識が働いてすぐに描けないだろうと思います。

    その絵が「てん」でもよかったら、ちょっと安心だし、ワシテのように、次こそは良いてんをと思うかもしれないなと思いました。

    子どもの目線に下りて、気持を受容するということをよく言いますが、子どもの興味を引き出す大切なことがぎゅっと凝縮されたお話ではないかと思いました

    掲載日:2009/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が描きたくなる!?

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子3歳

    この絵本のサイズから、ずっと「てん」は小さい子向けの絵本なんだろうと
    思っていました。
    だから、息子が小さいうちに借りて読もうと思ったのですが、
    どちらかというと大人の絵本なのかもしれません。

    サインして。
    点一つに、なかなか言えないですよね。
    自分のこれまでを振り返っても、良い先生との出会いは一生物だと思います。
    出会えたワシテは幸せです。

    人に見られると思うと、絵が描けなかった、自意識過剰・小心者の私に対し、
    小二の娘は、図工、お絵描きが大好きなので、たくさんの「てん」の絵を見て
    「絵が描きたい!」と(寝る前なのに)非常に触発されたようでした。

    掲載日:2008/11/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「てん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おおきなかぶ / こんとあき / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(90人)

絵本の評価(4.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット