たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

きんぎょがにげた」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

きんぎょがにげた 作:五味 太郎
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1982年08月
ISBN:9784834008999
評価スコア 4.79
評価ランキング 357
みんなの声 総数 770
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

192件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 探す楽しみ

    五味太郎さんの絵本の中でもとりわけ人気なのでチョイス。

    この手のゲーム系絵本は苦手なチビでしたが、
    ページをめくるとすぐ「ここ!」と探し当ててしまいます。
    その必死な表情がもう可愛くて(*^^*)

    保育所でも読んでいるようですが、
    ここでは回答権はクラスでも大きい子にとられてしまうようで
    自宅でじっくりゆっくり読んでいます。

    きんぎょ探しも楽しいですが、いろいろなものが描かれていて
    これは何?あれは何?といろいろ遊んでいます。

    はっきりした絵は私の好み親子でお気に入りです。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • 大きい字!

    文章を楽しむというより、本当に絵が楽しめる絵本です。
    文字は大きく、読み聞かせやすいです。

    金魚も無表情ではありますが、ページごとに表情が違う感じがします。

    今のところ、私が読み『どこだ〜?どこだ〜?』『いたっ!』と一人芝居のような感じですが、もう少ししたら『いたっ!』って子供が指指してくれる日が楽しみです!

    色使いもとても可愛らしい一冊です。

    掲載日:2010/08/04

    参考になりました
    感謝
    2
  • いたーっ!

    司書をしているいとこが薦めてくれた一冊です。

    「いたーっ!」
    そう言って、ページを捲るたびに大声を出す息子。

    「あれー?」
    と言いながら、
    花やキャンディーを指差して、
    わざと金魚がみつからない振りもします。

    「金魚さんどこ行ったかな〜?」
    「あれれ?いないねー。」
    「あ、いたいたー!」
    なんて言って、私も一緒に楽しんでいます。

    隠れている金魚のまねをして、
    口をぱくっと開けて天井を仰ぐわが子の顔もまた
    なんとも言えません。

    掲載日:2009/12/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • きんぎょさん「あっ、あっ」

    本屋さんで見かけて、あまりにも可愛くて買ってしまいました。
    1歳になったばかりの子どもには、まだ早いかなぁ・・・と
    様子をみていたのですが、色がきれいなのが気に入ったのか、
    自分で本棚から持ってきます。

    23日読むうちに、「きんぎょさん、どこ?」って聞くと、
    「あっ、あっ」と言いながらきんぎょを指差しすようになりました。
    もちろん、いろんなものの中からは上手に探せませんが、逆に、
    「バナナはどこ?」とか「象さんがいたね」とか、何でも指差して
    遊んでいます。

    お風呂マットにいろいろな魚の絵が付いているのですが、
    赤色の魚もいるので(それはきんぎょじゃないけど)
    「きんぎょさん、いたね〜」とお風呂でも盛り上がっています。

    掲載日:2009/11/09

    参考になりました
    感謝
    2
  • きんぎょに釘付け

    何ともとぼけた表情のきんぎょが、とても愛くるしい絵本です。

    五味太郎さんならではの、カラフルでしっとりとした色使いに、柔らかいタッチがとても印象的。
    突然きんぎょ鉢から逃げ出したきんぎょを追いかけて探す、という単純なストーリーも幼児にぴったりです。
    対象年齢は2才〜4才となってはいますが、0才からでも十分に楽しめると思います。

    娘は0才の頃からこの本が大のお気に入り。
    ページをめくる度に、娘は目を丸くして見入っていました。
    読み始めた頃は、まだ色や形を見て楽しむだけでしたが、
    1才半を過ぎた今では、きちんときんぎょを指差して私に教えてくれます。
    そして、きんぎょ以外にも果物や動物を指差して、これ知ってる!と大興奮。

    何度読んでも、娘の喜びようは変化ありません。
    毎回、大人では中々気付けない子供ならではの発見をしているみたいで、
    1日に何度も「読んで」と持ってくる姿を見ていると、本当に好きなんだなと思います。
    これからもまだまだ長い間、娘の愛読書になってくれそうです。

    子供さんのいるご家庭には、1冊あって損はない絵本だと思います。

    掲載日:2009/08/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • 実は私、五味太郎さんの金魚の絵が好きではなかったのです。
    (もともと魚の目が苦手なので)
    自分からこの本を手に取ることはありませんでした。

    ところが、子どもが1歳のときプレゼントでいただき・・・
    子どもの反応の良さにびっくり。
    ただでさえその頃、何でもかんでも指差しがお仕事のような彼でしたから、
    「ここ!」「ここ!」と意気揚々。
    周りに描かれているものも、彼の知っているものが多く
    読み聞かせている私も嬉しくなってしまい
    すっかりお気に入りの本に昇格!

    お祭りで金魚すくいがあったときも
    怖がりの子どもが嬉しそうに持ち帰ったのも、ひとえにこの本のおかげでしょう。

    親の目線だけでなく、なんでも読んで聞かせてみるものだなぁと学んだ本でした。
    定番中の定番ではありますが、改めて・・・
    好奇心いっぱいの0歳〜2歳位の子どもさんにお勧めです!

    掲載日:2009/02/15

    参考になりました
    感謝
    2
  • 1番のお気に入り

    • 花雪☆さん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子1歳

    1歳半の娘の1番のお気に入りです。

    初めて読んだときは、きんぎょが見つけられず「?」という反応でしたが、

    今では自分で本棚から出し、ページをめくり、きんぎょを指さし、「いたっ!」と大興奮です。

    得意気な娘の顔に思わず笑っちゃいます。

    金魚鉢から逃げ、最後にたくさんのきんぎょがいる池にたどり着くのですが、

    そのたくさんのきんぎょの中で逃げた主人公のきんぎょだけ目が白いふちどりで他のきんぎょと違います。

    最初は違いが分からず、適当なきんぎょを指さし、「いた!」と言っていた娘が

    いつのまにか違いに気付き、目のふちどりが白い主人公のきんぎょを指さした時は感動しました。

    さらに娘が「あっ!あっ!」と指さすきんぎょを見ると、目のふちどりが白い主人公のきんぎょとも違い、

    1匹だけ笑い目のきんぎょでした。私も娘に言われるまで気付かなかったのでビックリです。

    娘の成長を感じることができた、私にとってもお気に入りの1冊です。

    掲載日:2009/12/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 画集として楽しんでいます。

    友人の保育士さんがプレゼントしてくれました。
    当時息子は0歳でしたが、絵に魅かれたのか、じーっと眺めていました。
    文も非常にシンプルなので、飽きずに見ることができていたようです。

    現在1歳3ヶ月。大好きな本の1冊です。
    ただ、まだ金魚を探すことはできていません・・・
    それよりもひたすら絵を眺める!
    特にお菓子のページとおもちゃがたくさんある部屋のページが大好きのようで、一人で引っ張り出しては眺めています。
    五味太郎さんの絵の力がそうさせるのではないでしょうか。

    早く一緒に金魚探しをしたいよー、と思いつつも、
    一つの絵をじっくり眺めることで息子が受けている刺激も
    きっといいものなんだろうな、と感じています。

    自分では買わなかっただろうと思いますが、とても有名な絵本なんですね。

    掲載日:2009/10/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 持ち歩いてます

    カラフルな絵が気に入って購入しました。
    娘に読み聞かせ始めると、興味津々!
    最近では何かと持ち歩いていて、自分でページをめくって楽しんでいます。
    「読んで〜」と催促されるのは日常茶飯事♪
    娘には、お気に入りのページがあって、そこを開いて「金魚さん、どこに逃げた〜?」と聞くと、指をさして答えてくれます。
    でも、他のページではまだ金魚さんを見つけられないみたいです(笑)

    先日、「金魚さん、どこに逃げたかパパに教えてみて」といいながら、パパの前でお気に入りのページを開いたところ、ビスケットを指差すフライング!
    思わず二人で笑ってしまったら、娘はびっくりしたのか、くやしかったのか、泣き出してしまいました。
    まだパパに披露するには早かったかな(笑)
    楽しい一冊です。

    掲載日:2009/10/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子どもの成長にしみじみ

    • ほしのさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    この本を買ったのは、上の子が一歳になる前だったか後だったか・・・
    お気に入りで、当時はお気に入りの絵本ほど破りまくりで、メンディングテープで修復しまくりの本です。
    金魚さんを指差して喜んでいたのはいつだったか。

    最近、下の子がこの本を喜びだし、金魚さんを指差しています。
    さすがに、金魚さんがいっぱいいる最後のページは、本物を探せずにいますが、親として、こんなことができるようになったんだ、と子どもの成長にしみじみ。

    赤くてシンプルなデザインの金魚さん、小さな子どもにも分かりやすいと思います。探し物絵本の入門絵本かな。別に、探し物とか、そんなことを意識して買ったわけではないのですが、多くの絵本が受け身であるのに対し、この絵本は、読んでもらう子どもも参加できる絵本なので、より楽しめる絵本ではないかと思います。

    レビュー数のとても多いこの作品、やっぱりそれだけ人気があるんですね。

    掲載日:2009/09/07

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「きんぎょがにげた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

よるくま / どうぶついろいろかくれんぼ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / おおきなかぶ / だるまさんが / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット