ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

きんぎょがにげた」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

きんぎょがにげた 作:五味 太郎
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1982年08月
ISBN:9784834008999
評価スコア 4.79
評価ランキング 357
みんなの声 総数 770
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

75件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 時間が潰れます!

    機内でグズっていた息子にJALのCAの方が持ってきてくれた
    絵本の中の1冊です。
    CAの方もおススメしている絵本のようです。
    逃げた金魚を息子と探し「あ!いた!」と金魚をすぐ見つけ
    見つけた時はすごく嬉しそうでした。
    何度も読まされたので、数回目には「(息子だったら)どこに隠れる?」とそんな読み方もしてみました。
    退屈していた時間をこの絵本で潰すことができました。
    いろんな読み方ができそうで楽しいです。

    掲載日:2010/05/30

    参考になりました
    感謝
    2
  • 時を置いて何度でも読みたい本。

    「また にげた」一緒に声に出して読んでいます。
    初めの頃はページをめくる度探すのに必死の様子でしたが
    今では手で隠して「どこ居る?…居たー!」と小芝居うってくれるように。

    どんどんページが進むと逃げた金魚と似たものが出てきて惑わせます。
    「これは違うの?一緒の形だよ?」と聞いてみたら
    『違う、それはさ・か・な!』等と拙い説明で違いを教えてくれました。
    似ていても違うものだと説明出来る程に理解しているのだとこの本を通して娘を知りました。
    初めて読んだのは2歳半になってからでしたが、もっと早くから何度も読んで
    あげればよかったと後悔しています。
    これからも娘がせがむ度何度だって読んであげようと思います。

    掲載日:2009/10/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • うずらちゃんより高度なさがし絵

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子8歳、女の子6歳、女の子2歳

     「うずらちゃんのかくれんぼ」が大好きな娘。さがし絵の絵本をとても喜ぶので、この絵本も読みました。予想通りの反応で、何度も何度も読んでいます。小学生の上の子たちも久しぶりなので、新鮮に楽しんでいました。
     簡単なさがし絵がよくわかるようになったら、または2歳前後から楽しんで読める絵本だと思います。
     余談ですが、この時期金魚の絵柄の内輪をもらったり、金魚すくいをみたりすることがあり、なおのこと娘にとって印象深かったようです。

    掲載日:2009/07/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供がとても覚えやすい本!

    推薦図書にあげられており、前から気になっていた絵本。
    2歳半の子供に読んであげたところ、最初のページをめくった瞬間、『おさかな、おさかな!』と大騒ぎ。ページをめくるたびに、必ず指差してくれます。

    文章もシンプルで読みやすく覚えやすいですが、子供はもうじき3歳なだけに『どこかな?』のページはわりとすぐ見つけてしまいます。もうちょっといろいろ迷いながら選ぶ方が楽しめそう・・・。

    なので適応年齢は2歳からと表示がありますが、もっと小さい頃からの方が楽しめそうです。

    掲載日:2008/10/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • わが子の成長を実感

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    小さい子供と一緒に楽しめる人気の絵本です。
    以前から気になってはいたのですが、あまり金魚になじみがなかったので手にすることはありませんでした。
    が、今回、たまたま図書館でこの絵本があるのを見つけ、試しに読んでみることにしました。

    始めに「これが金魚だよ〜」と教えてあげると、すぐに「きーぎょ」と返事をする娘。
    あら?分かるかな?と「あっ!逃げた!金魚どこかな?」と聞いてみると、さらっと見つけ「きーぎょ」と指をさしました。
    次から次へと探し当てる娘。
    「あーこれはちょっと難しいかな〜、どこだ?」と私も一緒に探しながら読んでいると・・・先を越されました。笑

    わが子の成長をしみじみと感じました。

    掲載日:2008/08/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 何度読んでも飽きない

    • しろっくまんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子3歳、男の子0歳

    金魚鉢から飛び出した金魚を追っていく絵本ですが、ページをめくるたびに金魚が部屋のどこかに隠れます。
    金魚を見つけるのが楽しいようで、大きな声で「ここー!」と子供が笑顔で教えてくれます。
    カラフルな色遣いで見ていて楽しくなるのもお気に入りのポイント。
    英語版もあるようですね。

    掲載日:2016/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの成長がわかる

    きんぎょを探しながら、進んでいきます。
    きんぎょはどこ?こんな問いかけにもまだ答えられないくらいの頃から読んでいましたが、子どもが成長するとともに、指を指してくれるように。
    子どもの成長が絵本を通して見えてきます。

    掲載日:2016/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • きんぎょばちから逃げたきんぎょをただ探していくだけの絵本ですが、うまく絵の中にまぎれこんでいます。一見、大人には簡単ですが、最後は金魚がい〜〜〜〜っぱいいる中に紛れてしまい、ちょっと考えさせられましたw2歳くらいまでの子供にはちょうどいいきんぎょ探し絵本でした。

    掲載日:2016/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • この本は、にげた金魚を探すという単純なお話ですが、本に出てくるものの名前を同時に学習し、いろんな言葉を覚えるきっかけになった1冊です。

    まだ娘があまりしゃべらなかったころ、「きんぎょさんどこ?」と聞くと指をさして探していました。最後のページに行くと、また最初のページに戻って…を繰り返し、一日に何回も読んであげました。

    少しずついろんな言葉を覚えていくと、金魚だけではなく、いろんなものを探すようになりました。「えんぴつはどれ?」「つくえはどこ?」と、ページに出てくる絵を探し、見つける喜びを覚えたみたいです。

    最近では、「あ、ぞうさんだ!」「あ、だるまさんだ!」と、自分から絵を指して言います。もう何度も読んだ本ですが、いまだに何回も読んでいます。

    読んであげる大人のやり方次第で、子どもの好奇心をかき立ててあげることができるのではないかと思います。

    なお、少し古い本なので、黒電話なども出てきて、電話はこんな形だったんだよと説明してあげました。こういうことも絵本で学べるんですね。

    掲載日:2015/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこかなぁ

    きんぎょがどこにいるのか、ページをめくるたびにワクワク。
    最初のうちは見つけやすいのですが、どんどんと難易度が増していきます。
    一番最後の、たくさんの赤い魚の中から金魚を探すのは、大人でも一瞬迷ってしまいます。
    それでも「ここ!」と探し当てる子どももいて、子どもの観察力ってすごいなーと感じました。

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「きんぎょがにげた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

よるくま / どうぶついろいろかくれんぼ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / おおきなかぶ / だるまさんが / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット