だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

おとうさんがいちばん」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

おとうさんがいちばん 作・絵:バレリー・ゴルバチョフ
訳:那須田 淳
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2001年
ISBN:9784062621748
評価スコア 3.94
評価ランキング 28,541
みんなの声 総数 15
「おとうさんがいちばん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大人と子供の差ですね

    子供って純粋にほめてほしいと思うんですが、

    大人はついつい工夫して、言ってしまいがちです。

    学校でステキな絵を描いて、先生に褒められたはいいですが、

    帰るまでにいろんな人にも自慢するんです。、

    でも、いまいち言ってほしい言葉とは違っていて満足していません。

    ストレートを求めているんだということが

    痛いほど伝わりました。

    日頃の自分はどうかな?と考えた時、

    どういってほめているか思い出せませんが、

    この絵本のおかげで、今後のほめ方が

    はっきり決まった気がします。

    いい絵本に会えました。

    掲載日:2015/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誉め方を考えさせられます

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    邦題だけ見ると、「おとうさんがいちばん」があったので、「おかあさんがいちばん」は純粋な続編と思えますが、原題からするとそういう意図はあまりなかった気がします。

    今回の主人公は、こぐまのペーター。
    学校で描いたオレンジの絵が、先生に誉められて得意満面で帰るところから始まります。

    学校の帰り道で、みんな誉めてくれるのですが、どうも誉め方が、ペーターは気に入らないのです。

    そして、我家に帰ると、おとうさんが誉めてくれるのですが、やはり、ペーターが望んでいた誉め方そのもの。
    子供の誉め方って確かに難しいし、こんな風に子供が受け止めてくれる誉め方ができるようになりたいものです。

    子供のみならず、大人にとってもとても気づきが多い絵本だと思います。

    掲載日:2009/09/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おとうさんがいちばん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / おつきさまこんばんは / だるまさんが / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(3.94)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット