たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

うんぴ・うんにょ・うんち・うんご」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

うんぴ・うんにょ・うんち・うんご 作:村上 八千世
絵:せべ まさゆき
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年10月
ISBN:9784593593521
評価スコア 4.85
評価ランキング 78
みんなの声 総数 86
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • わかるわかる〜

    博士の問いかけで始まります。
    「きみはうんちをじっくりみたことあるかな〜?」

    娘「あるあるー!」

     「○○ちゃんのうんちはバナナうんちー!!」

    一同。爆笑・・・。

    そんな楽しい幕開けでした。

    しっかり絵と字を追いかけながら、
    「へえ〜」「○○ちゃんはうんごは出ないー」
    「野菜をいっぱい食べるといいんだね〜」

    と学び取ってくれました。

    一度読んで気に入った彼女はもうかれこれ3日連続で
    「読んでー」とこの本を持ってきます。
    私も日頃の食生活を見直すいい機会を頂きました。
    この絵本に感謝です。

    掲載日:2013/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハマりました!

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    さまざまなうんちの状態を『呼び方』を変えるって楽しいですね。小さい子でも理解しやすいと思います。
    この絵本を読んでから、4歳の息子は「今日のは“うんこ”だね!」「全然出な〜い。“うんご”かなぁ〜」とか言うようになりました。

    冷たいものばっかり食べてるとき、「お腹痛くなるよ!」とかより「うんぴになっちゃうよ!」のほうが聞いてくれますよ(^^)v
    “お腹ピーピー”の状態がよりリアルに想像できるみたいです。

    掲載日:2010/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりやすい!

    最初は題名を読んでなんだろうっていぶかしんだんですが、そういうことだったんですね!うんちの堅さでうんこの名称を変える、すごく分かりやすいです。野菜を食べなかったり、うんちを我慢したりすると「うんご」になる、というのには私も大笑いしました。分かりやすくて面白くてでもとっても大事なことが書いてある、本当におすすめの絵本です。
    ちなみに図書館で子供が発見してきて、読んでとせがまれて読み聞かせしたのですが、机の前に座っていた小学生低学年の子たちが忍び笑いしていて…学校でウンコするのを嫌がったり、人がしてるとヤイヤイ囃すタイプの感じ。それじゃあダメだぞ、って言いたかったし、うちの息子にはこうなって欲しくないなあ、と思いながら読み聞かせました。
    そういう意味でも、うんこって大切と啓蒙するイイ絵本でした。

    掲載日:2010/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切なうんこ

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    こちらで評判が良かったので前から読みたいな〜と思っていました。
    娘が4歳になったのでそろそろいいかな?と図書館で借りてきたら、表紙を見たとたんに「これ保育園の紙芝居で見たことある」ですって。がっかり。でも本でも楽しんでいる様子でした。
    下痢っぽいうんこは「うんぴ」、ちょっと柔らかいうんこは「うんにょ」、そしてかたいうんこは「うんご」。ぴったりの名づけ方に感心してしまいました。それぞれのうんこの説明は分かりやすく、大人が読んでもためになります。そう、うんこって健康のバロメーターなんですよね。
    皆さんがおっしゃっているように、うちでも朝トイレに行った後に「今日はうんにょだったよ」「バナナうんちだ!」とうんこ品評会をするのが日課になりました。
    これから年齢が上がるにつれてうんこを恥ずかしがるようになるのでしょうが、こういう絵本を読むことで、うんこは自然で大切なものなんだと感じてくれたらいいな、と思います。

    掲載日:2009/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今日はうんにょだったよ〜。

    自分の身体からでてくるウンチに興味をもつ年代になった息子とこの絵本を読みました。もちろん下の娘も一緒にですが・・・

    本を読み終わってからというもの、

    「ママ、今日のはうんにょだった。」
    「今日は、ちゃんとしたうんこだったよ」

    とか自分なりにウンチを観察して報告してくれるようになりました。

    おかげで、子どもの体調管理がしやすくなりました。

    ウンチについて子どもにも大人にもとってもわかりやすくかかれている絵本です。

    お子さんがウンチに興味をもち始めたら是非読んでほしい一冊です。

    掲載日:2008/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今日のうんちは?

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    最近の息子は、とにかく、うんちやおしっこ、おちんちん・・大好きです。家中、「おしっこちんちん!」と叫びながら走り回っている息子に、この絵本はまさにつぼ!でした。この絵本を読んでからは、毎朝息子に「今日はどんなうんちだった?」と聞くと、「ちょっとうんごだった〜。」と、この絵本で出てきた4語で答えてくれるようになりました。

    そして、大人の私も、どんなものを食べたらうんにょがでるのか、どんな体の状態のときにうんごになるのかなど、とても勉強になりました。「ちょっとうんご」だったら、もう少し意識して水分を取らせるようにしようとか、野菜大目の料理を作ろうと考えるようになりました。

    うんちがいっぱいで子どもは楽しめるし、親は体の状態をチェックできるしで、親子で愛読書?!になってます。

    掲載日:2008/04/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「うんぴ・うんにょ・うんち・うんご」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / バムとケロのおかいもの / バムとケロのそらのたび

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(86人)

絵本の評価(4.85)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット