なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

ニニロのおとしもの」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ニニロのおとしもの 作・絵:いとう ひろし
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1991年
ISBN:9784876920242
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,817
みんなの声 総数 14
「ニニロのおとしもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもしろいお話でした

    とかげのしっぽ。

    これがとれてまた再生することを知らない子供が

    読むと、普通のお話になってしまいますが、

    その性質をしっていれば、なおおもしろいと感じるはずです。

    またこのニニロがおっちょこちょいだからこその流れで、

    一番かわいそうなのは、たまたま見つかったミミズかな笑

    みみずととかげでしたが、絵がとってもかわいかったので、

    よかったと思います。

    掲載日:2015/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ミミズがしっぽ?

    鳥におそわれ、危機一髪にげおおせた、トカゲのニニロ。
    でも、大事なものを失ってしまいました。それは、しっぽ。
    そのしっぽを探して、いろんなものをしっぽにみたてるのだけれど....
    とにかく、はまりそうなものなら、かたっぱしから、しっぴにはめてみる。でも、なかなかあわない。
    その様子がなんともかわいらしい。

    しかも、ぜったいに違うでしょ!っていうようなものを、ニニロはしっぽだと言い張る。
    生まれた時から、ずっとミミズだというミミズに対して、それなら生まれる前はしっぽだったんだというニニロ。
    この発想は最高です。
    無理やり、しっぽにされてしまったミミズと、大満足のニニロの表情が対称的でまたおかしい。
    こんな発想が出てくるのが、さすが、いとうひろしさん。

    掲載日:2008/09/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ニニロのおとしもの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / からすのパンやさん / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



大きなクスノキには生き物たちがいっぱい!

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット