十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

おやすみなさいフランシス」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

おやすみなさいフランシス 作:ラッセル・ホーバン
絵:ガース・ウィリアムズ
訳:松岡 享子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1966年7月1日
ISBN:9784834000597
評価スコア 4.41
評価ランキング 8,466
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 意外とリアル

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳

    フランシスシリーズ3冊目です。
    この絵本のすごいところは、ほわほわのぬいぐるみみたいな
    フランシスの姿には可愛くて癒されるのに、
    彼女の言動や両親とのやりとりが、リアルなこと。意外。

    絵はこの本だけ、ガース・ウィリアムズさんです。
    いっそう、もこもこフワフワ。
    私は個人的にガースさんの絵のほうが好きです。

    そして息子はすっかりフランシスファンです。
    しつこく(苦笑)親にくらいつく感じ。
    何かっていうと歌っているところ。
    自分に似ているからかなぁ・・。
    でも自作「あいうえおの歌」なんて独創的で、フランシスは面白いですね。
    歌うところが歌詞を含めて毎回ユーモラスで、息子も身をのりだして聞いています。

    今回は、眠れない子供とお父さんたちの攻防。
    私だったらイラッとして声を荒立ててしまいそう・・。
    でも最後にはお父さんもガツンと言いますね。
    さすがに怒ってるかなぁ・・というお顔で。笑

    子育ての日常を、意外とリアルに描いていると思うのでした。
    だからか、親子ですんなり物語に引き込まれてゆきます。
    手元に置きたいシリーズになりました。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 特に女の子におすすめ

    なかなか眠れない子供の気持ちを綴った絵本です。
    私自身内容は好きなのですが、息子は一人部屋で寝ていないこと、お人形さんなどと寝たりしないので、ちょっと共感する点が少なかったようで、そんなに食いついてくれませんでした。どちらかというと、女の子の方が共感できる点が多いように思いました。

    個人的には「私の仕事は眠ること」という箇所が好きです。お父さんがの話が妙に説得力があります。とてもわかりやすい。そしておしりをたたく発言も厳しさがあって好きです。時期をずらして図書館で借りて、また息子に読んでみたいです。

    結構長いお話なので、寝る前に読む場合はある程度時間に余裕を持っておかないと、せかせかして読んでしまいそうです。それだとこの絵本のよさも半減してしまうので、落ち着いた気持ちで読むためにも余裕をもってお布団に入って読むのがいいと思います。

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おやすみなさいフランシス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ちょっとだけ / おでかけのまえに / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / そらまめくんのベッド / ちいさいおうち / バムとケロのおかいもの / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

全ページためしよみ
年齢別絵本セット