しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

かちんこちんのムニア」 大人が読んだ みんなの声

かちんこちんのムニア 作・絵:アスン・バルソラ
訳:宇野 和美
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,359+税
発行日:1996年05月
ISBN:9784198604844
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,142
みんなの声 総数 13
「かちんこちんのムニア」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • スペインの作家のお話しです

    かちんこちんのと言う表現が 子どもの反抗期で イタズラばかりして家族や お友達を困らせるのですが・・・・

    おとなは 子どもがイタズラしたら 叱ります

    幼稚園に行くのがいやで 起きられず 車で送ってもらうとき お姉ちゃんを蹴飛ばして 
    ここで きっとけんかになるのに お姉ちゃんはなんで 怒らないのかしら?

    ちょっと ちがうな〜
    ムニアは かちんこちんになって 心が すさんだよう

    牛の柵をあけたり いたずらが過ぎます

    でも パパやママ お姉ちゃんは かぞくです
    そんな いたずらっ子のムニアを受け入れています
    こんな 家庭もあるんですね
    スペインの のんびりした家庭の姿はこんなのですかね

    ムニアはみんなに守られて 大きくなるのでしょうね

    掲載日:2013/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ムニアちゃん立派!

    イライラしていたずらして
    庭の中はめちゃくちゃで、
    ムニアちゃんも家出して、
    怒っていたはずだけど
    だんだん不安になってきて
    自分を嫌いになったらどうしようって。
    それで泣いて家に帰るんじゃなくて
    ムニアちゃんはママの服を着て
    お客様を装って家に入ります。

    家族だってわかっているのに怒らずに対応してくれて。
    このアイデアが素晴らしいですね。
    考えて考えて出したことなんでしょう。
    ムニアちゃん立派です!

    掲載日:2011/06/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かちんこちんのムニア」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット