だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ミッケ!8 がっこう」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ミッケ!8 がっこう 作:ジーン・マルゾーロ
絵:ウォルター・ウィック
訳:糸井 重里
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,360+税
発行日:2003年4月
ISBN:9784097273585
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,567
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 今回は少し難しめ??

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    大好きなミッケ!シリーズ、
    読み始めるとすごい集中力で絵探しし、
    何度も何度も見直しては自分で問題を作って。
    と、たくさん楽しませてくれる本ですが、
    今回はテーマがピンとこなかったのか?
    絵が探しにくかったのか?いつもほどの
    ハマりようではありませんでした。
    それでも、恐竜のページや、ピタ◯ラ装着っぽい
    ビー玉を転がす装置のページは興奮して、
    どんなしかけになってるか、じっくり見てました。
    こどもの興味は様々でしょうが、一冊のなかで
    どこか好きなページはみつかるはず!そこも
    ミッケ!シリーズの魅力かと思います。

    掲載日:2016/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • う〜〜ん!

    ミッケシリーズは大好きで、子どもも私もはまっています。
    単純そうなページなのに、そういうもののほうが見つけるのが難しいです。
    黒板のページには苦労しました。
    「ここのどこにそんなに隠れてるの???」って感じです。
    固定概念にこだわらずに、あらゆる方向から物事をみる力がつきそうです。

    掲載日:2009/05/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ミッケ!8 がっこう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット