ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ごめんねともだち」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ごめんねともだち 作:内田 麟太郎
絵:降矢 なな
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2001年03月
ISBN:9784032320503
評価スコア 4.82
評価ランキング 167
みんなの声 総数 103
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 今の娘にぴったりの絵本

    • さわこさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子4歳、女の子0歳

    私も娘も大好きな「ともだちや」シリーズ。
    今回は、仲良しのオオカミとキツネが大げんか。
    なかなか謝れない二人。
    でも、「ごめんなさい」の一言でもっと仲良しに!

    この絵本を娘に読んでいる間、娘の表情が険しく…眉間にしわをよせていました。
    なかなか謝れない二人の心情がきっと分かったのでしょう。
    保育園から帰ってきた娘は、近所のお友達と思いっきり遊んでいます。
    でも、思い通りにいかないと、ケンカ…
    自分が悪いと思っていても、なかなか謝ることができない娘です。
    あげくの果てに、大泣きしたり…母親としては、友達がいなくなるのでは…と心配です。
    そんな娘でも、少し落ち着いてきて、謝ろうと思うようですが、うまく言えません。
    そんな時、娘は大声で「ご」とだけ言って、走り去っていってしまいます。
    そんな自分とオオカミ、キツネが重なったのでしょう。
    この絵本で「ごめんね」のステキに気づいて、お友達にちゃんと「ごめんね」が言えるといいなと思っています。

    絵本に入り込むと、経験したことが経験できたり、主人公になりきって考えられたりできていいなぁとこの絵本で改めて思いました。

    この絵本、アリさんがいい味出してます。
    そして、ミミズクのじいさんの一言がうまい!!
    内容だけでなく、他にも楽しめる「ともだちや」シリーズ。続きも読んでいきます。

    掲載日:2009/07/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供のけんか

    • ともっちーさん
    • 40代
    • ママ
    • 佐賀県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    よくある子供のけんかの図式です。

    ささいなことで喧嘩をしたけど、素直に謝れない。でも遊びたい・・・
    たったひとこと「ごめんね」で仲直りできるのに、なかなか難しいんですよね。
    実生活でもあるあるだな〜と思って読みました。

    けんかしたら遊べなくてつまんないね。
    もし喧嘩しちゃったら、こうやって仲直りしようね。
    そんな話をしながら、息子と読みました。

    掲載日:2015/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子が、4歳のころに購入して読んだ本です。
    まだ友達とケンカをすることが少ない時期でしたが、オオカミとキツネがけんかをして、お互い仲直りしたいけどなかなか言い出せない様子に、真剣な顔で聞いていました。

    そして、5歳、6歳の時にまた読んでみました。
    徐々に友達とちょっとしたことでケンカすることが増え、上手く仲直りできないことが続いていた時期に、この本を読んであげました。
    たぶん、オオカミとキツネの気持ちが痛いほどよく分かったと思います。

    大切な友達だから、相手の気持ちを思い、素直に「ごめんね」と言って仲直りできるといいなと思わせてくれる絵本です。

    掲載日:2015/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなお話

    • 魔王さん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県

    4才の息子達が大好きなお話です。
    でもまだオオカミの気持ちやキツネの気持ちがすんなりとはわからなくてたくさん説明しながら読んでます。
    でもこのお話を読んでいてオオカミさんの気持ちもわかるなとかきるねさんの気持ちもわかるなとかちょっとでいいから何かを感じて欲しいなと思いながら読んでます。息子達はどうして好きなのかわかりませんがこのぶっきらぼうだけど負けず嫌いでしかしやさしいオオカミさんが身近に感じるのかもしれませんね。
    私はキツネさんのこのサイコロ衣装が可愛くて毎回読んでは笑ってます。

    掲載日:2012/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲直りのじゅもんかな

    「ごめんね」って単純な一言がなかなかくせもので・・・。
    自分が悪いって感じていれば感じているほど、口から出てこない。
    言いたいのになかなか言えない、そのひとこと。

    うちの4歳の息子はそれでもわりかしあっさり「ごめんなさい」を言える方。

    逆に、ど〜んなに自分が悪くても自分から「ごめんなさい」が言えないのが
    2歳の妹・・・。

    でも面白いもので、自分が悪くない(関係ない)ときはなぜか二人とも
    意気揚々と「ごめんなさい」を連発!

    いわく、お兄ちゃんが(あたしが)代わりにあやまって
    あげたよ〜♪と。


    やれやれ。

    ともだちにケンカはつきもの。

    でもどっちが悪くても悪くなくても「ごめんなさい」
    は仲直りのきっかけとしての大切なひとこと。
    それがなくちゃはじまらない。


    だから勇気をだして「ごめんなさい」

    キツネとオオカミの友情がまた一歩進展したね。

    掲載日:2012/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 難しい一言

    いつも仲良しのキツネとオオカミなのに、短気なオオカミの発言でけんかをしてしまいます。

    「ごめんね」の一言がなかなか言えないオオカミですが、ひょんなことからキツネが先に言ってしまうと、号泣・・・。言ってしまえばいいのに、それが難しいのですよね。

    保育園に行く息子も毎日何かしら大なり小なりお友達とトラブルがあるようです。保育園の先生のおかげで、いつも早い段階でお互いにこの言葉を言って解決しているようですが(笑)。大事な言葉なのに、なかなか自分からは言いにくい一言ですね。

    キツネとオオカミの心の中のつぶやきが少し長く続くのですが、小さい子には理解しにくいかもしれないと思いました。

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごめんね、という勇気

    おおかみくんときつねくんは、ゲームの勝敗のせいで初めての大喧嘩をします。でも、会わないと、遊ばないと、毎日寂しくなってしまう、、。ごめんねが言えなくて悩む二人ですが、アリの上にきつねくんが涙をおとして
    しまい、誤解もありますがお互い「ごめん!!!」ってあやまることができます。

    仲直りって「ごめんね」さえいえれば実はそんなに難しくない。でもその「ごめんね」が難しいのですよね。
    娘と読みながら、悪いことをしたらちゃんとあやまろうね、と言いながら教育しました。

    このシリーズはとても心があたたまります。

    掲載日:2012/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • あるあるある!

    4歳の息子と読みましたが、
    息子よりも私の方が深く共感しちゃいました。

    4歳児はお友達と喧嘩しても、すぐに「ごめんねー!と
    言えちゃうみたいです(笑)。

    心にもないのに思わずヒドイ事いっちゃったり、
    そのことでなかなか謝れなかったり。。。

    おおかみさんがついに寂しくなって木の裏で爪を噛んでいたシーン
    なんかは、私のほうがホロリときちゃいました。

    4才児は爪を噛む暇があったらさくっと謝るらしい。

    それでも最後のごめんねのきっかけがすごく面白くて、
    私も息子も何度も繰り返し読みました。

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごめん

    仲良しのキツネとオオカミですが、
    オオカミの癇癪が原因で喧嘩してしまいます。
    「ごめん」といいたい気持ちはありますが、
    なかなか口にするのが難しいオオカミ。
    確かに「ごめん」は勇気がいるときがありますよね。
    説教くさくなく、「ごめん」という大切な言葉を感じられる絵本です。

    掲載日:2011/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごめんなさいの一言が・・・

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    「ごめんなさい」って一言って、なかなか言えませんよね。すごい分かる!自分が悪いって分かってるのに言えなくて、時間が経てば経つほど、もっと言いづらくなって…。誰でも経験したことがあると思います。
    そんな大喧嘩も小康状態になったとき、キツネの流した涙が…?
    素晴らしいストーリー展開ですね。初めて読んだとき「わぁ!」って感嘆しちゃいました。
    友達関係を学び始める4〜5歳から読んであげると良さそうです♪

    掲載日:2010/12/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ごめんねともだち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / としょかんライオン / ぼくのかえりみち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット