ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ごめんねともだち」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

ごめんねともだち 作:内田 麟太郎
絵:降矢 なな
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2001年03月
ISBN:9784032320503
評価スコア 4.82
評価ランキング 167
みんなの声 総数 103
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • じーんとします。

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    クラスの読み聞かせで読みました。
    友達と言い合ったり、ついつい意地をはったり、思ってもいないことを言ってみたり、言ってしまったことを後悔したり。絵本のなかのきつねくんとおおかみくんを通して、子どもたちは、自分との共通点を見つけ、同じ気持ちになってるようでした。
    けんかして仲直りするまでの心の葛藤のようなものが、小さな子たちのなかにもあるんだろうなあと感じます。
    「ごめんね」の一言がなかなかいえないところ、とくに共感できますね。この絵本は、友達との付き合いのなかに必ずある、衝突から仲直りまでの気持ちを本当によくあらわしてくれています。
    ぜひ、たくさんの子どもたちが読んで、お友達とけんかしてもまた仲良くなる関係をきずいてほしいなあと思います。

    掲載日:2010/06/24

    参考になりました
    感謝
    3
  • 仲直りできて良かったね

    7歳の息子と4歳の娘に読み聞かせました。

    仲良しのおおかみさんときつねさんの喧嘩。

    きつねさんに負けてばっかりのおおかみさんが
    悔しさのあまり「ズルした」って言いがかりをつけて
    きつねさんを追い出してしまう。。。

    そんなこと子供同士で”あるある”って思いながら
    読みました。

    なかなか素直にあやまれない所も”ある”よねぇ。

    最後には仲直り出来て、すっごく楽しそうな顔で
    遊んでいる所が凄く印象的でした。

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  •  小学生の息子がお気に入りの「ともだちや」シリーズ。
    キツネやオオカミと自分自身を重ね合わせて、色々思うところがあるようです。

     キツネとオオカミ、仲が良くなるとついやってしまうのがケンカ。
    「ケンカするほど仲がいい」とは言うものの、その後の大事な一言は忘れてはいけない。

     でも、その「ごめんね」のたった一言が出てこない二人、ついついケンカが長引いてしまいます。
    言いたくても言えない、そんなもどかしい気持ちが手に取るように分かります。

     「どちらが先に謝るか」、「どんなきっかけで言おうか」、色々思い悩んだりするけれど、ほんの少し
    勇気を出して「ごめんね」が言えたら、きっと前よりもっと仲良しになれるね。

     言葉遊びのような楽しい歌や、キツネのセンスある衣装も、毎回楽しみの一つです。

    掲載日:2012/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生々しい!

    この話のとても生々しい生きた言葉のやりとりが大好きです。
    「二どとくるもんか! こんないえ。 ずるいのはそっちだ。ずるっこ おしっこ ひがみっこ!」
    この言葉、爆笑でした。そして、いんちきという言葉の連発 !
    そう、友達って時には、あとから考えてみると非常にくだらないことで大喧嘩しちゃうことってありますよね。
    そして、仲直りをしたくてもなかなか言い出せなくて.... それでも仲直りが出来たら、それまで以上の仲良し
    さんになる。

    それが、今って、個と個とのぶつかりあいがここまでないので、仲直りをすることすらなく、なんだか淋しい
    世の中になってしまったのかもしれませんね。キツネとオオカミを見習ってもらわなくちゃ?!

    あと、内田さんの言葉遊びや言葉選びのセンスが光っている話だなと思いました。
    特に、“いしもながされているどしゃぶり”という言い方、すごいなぁ。気に入りました! 
    そして、この巻ではじめて気付いたのですが、オオカミの靴は、先っぽが三本指に分れているのですね、
    面白〜い! 

    このシリーズにハマった息子は、次の話が読みたいと久し振りにせがまれました。
    これからも続くオオカミとキツネの友情を見届けたいんでしょうね。私も一緒です。

    掲載日:2012/06/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ごめんねともだち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / としょかんライオン / ぼくのかえりみち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


ハッピーなおやすみのえほん!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット