みなみへ みなみへ
作: ダニエル・ダンカン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
海のうえで出会った“あいぼう”。それぞれが帰る場所は……? 一人ぼっちの漁師さんと1羽のトリのお話。

たんたのたんてい」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

たんたのたんてい 作:中川 李枝子
絵:山脇 百合子
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1998年
ISBN:9784051046156
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,721
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なかがわりえこ さん!

    たんたが新聞を取りに行くと、郵便受けに入っていたのは、新聞ではなく歯磨き粉。
    歯磨き粉の持ち主のところには、また別の誰かのもの…。まるで、伝言ゲームのように持ち主探しが続いていくお話です。一体誰が何のために取り換えたのか…まったく先が読めません。

    「これって、ちょっとした推理小説っていえるかもしれない!」って思いました。
    しかも、ぐりぐらの黄金コンビ☆安定感が違います。
    初めての推理小説。少し長めなので、小学生くらいからオススメです。

    余談ですが、娘が国語の授業で最初に習ったのが、中川李枝子さんの「はる」。
    今まで、わざわざ著者名を読むことはしなかったのですが、中川さんだったので読んでみたところ、目の色が変わりました(笑)
    もしかすると、これからの本選びが変わるかもしれません。
    『好きな作家さんで、本を探す』
    小学生になって、またひとつ違う楽しみ方を見つけました♪

    掲載日:2013/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子は名探偵?

     毎朝,郵便受けの新聞をお父さんに配達しているたんた。
     ある朝,たんたが郵便受けに行くと新聞の代わりにでこぼこのチューブが・・・。そこから,探偵たんたの活躍が始まります。

     この本を息子と一緒に読みながら,推理すると面白いなと思い,おみやげに買って帰りました。
     次の日,就寝時に読んで上げたのですが,どうも息子の様子がおかしい?
     絵本では,たんたが残された手がかりから,推理していくのですが,息子は,手がかりを見つける前に「犯人」を当ててしまいます。
     実は,私がいない時に,息子はこの本を一人で読んでしまっていて,私に犯人を教えたくて堪らなかったようです。

     本に出てくる手がかりは「ねこの毛」,「うろこ」,「なっとうの豆」等面白いものばかり!
     繰り返し読んで,「犯人」が分かっていても,十分楽しめる本です。
    (でも,最初に読むときは,是非子供さんと一緒に読んでくださいね。)

    掲載日:2011/02/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「たんたのたんてい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ももちゃん はなちゃん」シリーズ <br>つちだよしはるさんインタビュー

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット