庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

おにをくったじっちゃ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

おにをくったじっちゃ 作:渡辺節子
絵:矢野 徳
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
ISBN:9784577002841
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,681
みんなの声 総数 7
「おにをくったじっちゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • じっちゃは何でものんじゃう!節分におすすめ。

    • ちいニャさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子10歳、男の子5歳

    5歳の息子に読みました。

    ニコニコで聞き始めました。

    豆の食べ過ぎによる腹痛を治すために、じっちゃがハトをのむ場面では「ふつうのまないよねぇ」と笑いながら聞いていました。

    でも、キツネをのむところからは、眉間にしわを寄せて最後まで一言も発することなく、かなり引いている様子でした。

    うちの子の好みではなかったようですが、絵は大きく見やすいし、文は読みやすくて、私は楽しい内容の絵本だと思いました。

    最後は「おにはー そと!」と豆を投げて鬼をおいだすので、節分の頃におすすめです。

    掲載日:2012/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「読んでみたら いいがの」

    息子が前に読んだのを憶えていて、何度も買ってとせがむ絵本のひとつです。(ただ入荷は難しそうです‥)

    お話しは、豆を食べ過ぎて腹が痛くなったおじいさんが(医者の居ない村なので)お寺の和尚さんに相談することから始まります。この和尚さんがゆるい口調ですっとぼけた助言をするから笑えます。はじめは、豆を食ったんだからと「はとを のんだら いいがの」という調子。まさかと思いきや、おじいさんも真に受けてお寺にいる生きたハトをガブリ、丸呑みするからビックリです。それで腹痛は一先ず治まって良かったんですが、今度は腹の中から「デデッポッポ」と鳴き声がして切なくてなんねぇと、また和尚さんに相談に来ます。そこでまた違うものを丸呑みしてという繰り返しで、次々にとんでもないものを飲み込んでいくんで、この調子でおじいさんはどうなるものかと興味と心配半分で読んでいくと、最後は何とかつっかえが取れて一件落着と思うと同時、これではダメでしょと腑に落ちない感情が沸き起こります。不思議な何度も読める楽しいお話しです。

    あとがきなど無いので詳しいことはわかりませんが、日本民話の会協力むかしむかしばなし17とありますので、昔から伝わるお話しなのかもしれませんね。息子は4歳の頃に読みましたが、絵も見やすくわかりやすいお話しですから、もっと小さい子でも大丈夫だと思います。ぜひ「読んでみたら いいがの。」

    掲載日:2008/12/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おにをくったじっちゃ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

うんちしたのはだれよ! / ちびゴリラのちびちび / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / バムとケロのさむいあさ / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット