もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

だいすきっていいたくて」 大人が読んだ みんなの声

だいすきっていいたくて 作:カール・ノラック
絵:クロード・K・デュボワ
訳:河野 万里子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1998年11月
ISBN:9784593503896
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,468
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • しあわせのまほう。

    素敵な言葉でほっぺたがぱんぱんのロラが可愛い。
    聞いてほしい時に聞いてもらえないロラが可哀想。
    だから「言ってごらん」と言われたからって「言わないよ!」と
    思う気持ちはよくわかります。
    ロラが素敵な言葉を言ったところの文章が素敵で印象的でした。
    そして、素敵なことばは「だいすき」だけじゃないんだよという
    ラストも好きです。

    掲載日:2010/01/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • ことばの魔法

    • しのべさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子1歳

    ことばが口からとびだしたくて、ほっぺたが膨らむ・・・。
    すごく楽しい表現です。一日我慢していた言葉が、夜とうとう
    パパとママに向かって飛び出し、その場の雰囲気が温かくなるなんて、ことばってなんて大事なんでしょう。
    口下手な人にもうってつけのお話です。
    なんだか照れくさいけど、口に出すと相手も幸せになる言葉、沢山いえたらいいなと思いました。
    子どもには沢山行ってあげようと思います。

    掲載日:2009/11/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 声に出したい大切な言葉

    図書館の読み聞かせ会で地元の中学生が選んでいた絵本でした。
    私も絵本が大好きでいろいろ読んでいたつもりですが、
    このとき初めて知ったのです。
    とてもステキなお話でした。
    言いたい言葉を言うタイミング、いろんな場面と
    その時の気持ちが可愛らしい動物の
    ふくらむほっぺたで表現されていました。
    小さいお子さんも読み聞かせで
    わかりやすい内容だと思いますし
    私のようなおばあさんも
    とてもほのぼのとした気持ちになれました。
    この絵本を知らなかった人に
    私も伝えたいと思いました。

    掲載日:2017/02/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「だいすきっていいたくて」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / もこ もこもこ / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『りっぱなマジシャンへの道』 <br>マジシャン・大友剛さんインタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット