雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

ぶたぶたくんのおかいもの」 大人が読んだ みんなの声

ぶたぶたくんのおかいもの 作・絵:土方 久功
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1985年2月28
ISBN:9784834001402
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,323
みんなの声 総数 157
「ぶたぶたくんのおかいもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ドキドキお買い物

    パン屋さんの背景に、富士山とヘリコプターが。
    古風なイメージがいっぱいの絵本ですが、
    ぶたぶたくんが、一人だけで、パン屋さんとやおやさんで、お買い物を
    するお話。
    そのあとのお楽しみは、お菓子やさんにゆくこと。
    ぶたぶたくんはどきどきしたり、からすのかあこちゃんに会って
    ほっとしたりします。
    こごまくんにも会って、3人になるとなんだか楽しそう。
    二人が教えてくれた道であっているのかな?
    ぶたぶたくんの最後までちょっと心配な気持ち、
    おかあさんにあってすごくほっとする感じが伝わってきます。

    掲載日:2016/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいリズム♪

    • あみむさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子13歳

    ぶたぶたくんのひとりごと、楽しい節をつけて、
    歌うように読んであげたいな〜。
    ほかにも、早口おねえさんや、ゆっくりおばあさんが
    出てきたり、かあこちゃんとこぐまくんのおしゃべりなど…
    いろんなリズムがあって、聞き手も読み手も楽しくなっちゃう
    一冊だと思います。
    最後に地図があるのも、キャラクター設定も楽しい♪
    はじめてのおつかいに行く前のお子さんにぜひ読んであげたい
    と思いました。

    掲載日:2013/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地図を見る楽しさ

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    誰にも負けない方向音痴とみんなから言われるのですが、地図を見るのは好きなんです。
    ぶたぶたくんのたどった道を、最後の地図で「ここに鳥がいた」とか「池に魚がいた」とか思い出すのが面白いです。

    小学校の授業で自分たちの町の地図を、グループで協力して描いたことを思い出しました。

    絵が味があって好きです。
    ぶたぶたくんとかあこちゃんのかごの中までちゃんと書いてあります。
    ぶたぶたくんがもらった、かおつきぱんの表情がいいのです。出てくる度に違っていますよ。

    掲載日:2011/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつの時代?ここはどこ?

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    こぶたのぶたぶたくん、おかあさんにお買い物を頼まれます。
    ぱんやさん、やおやさん、そしてお菓子屋さんにいくですが、途中で、からすのかあこちゃん、おおきなこぐまくんに出会い、みんなで一緒にお買い物です。

    まずは、ぶたぶたくんという名前の由来に、笑ってしまいました。それぞれのお店屋さんもかなり個性的、そして置いてある商品、おみせの様子もかなりインパクトがあります。それだけではありません。背景も、なんだか不思議な雰囲気です。
    遠くまで来たぶたぶたくん、おうちに無事にたどり着くことができるのでしょうか。

    掲載日:2009/08/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も楽しめます!!

    とっても面白くて、シュールな絵本です。

    ちっちゃな目に、うらやましいくらいの細い足。
    そんなシュールなぶたぶたくんが、初めてのおつかいに行くお話なのですが、
    文章もイラストも、ツッコミどころ満載なんです。
    まずは、表紙。ぶたぶたくんが手にしているカゴの中身に、
    「この、変な顔の物体は、一体なに!?」とか
    ぶたぶたくんの名前の由来に、
    「おい、おい、お母さん それはないでしょ!?」てな具合です。(笑)

    登場するお店の人たちも、甲乙つけがたいくらいの個性派ぞろいで、
    もう、私は クククク…と笑っぱなしでした。
    特に、パン屋さんはイラストだけで笑えます。
    だって、店先にあの変な顔の物体が、ズラリと並んでいるんですもの。
    変顔物体の正体は、なんとパン。しかも上等???なんですって!
    「見て、見て!おもしろいよ〜!」と小6の息子を呼び、二人でこの
    場面だけで大笑いしました。(立場が逆なんでしょうが…)

    ツッコミどころ、笑いどころ満載ですが、ぶたぶたくん(子供)の
    初めてのおつかいにワクワクする気持ちや、いつもと違う道を帰る
    不安な気持ちもなども、ちゃんと描かれています。

    読んでみて、この本が30年以上も子供達に愛され続けている理由が
    わかる気がしました。
    だって、大人の私でも こんなに楽しめるんですから!!

    掲載日:2009/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 買い物籠

    主人公の買い物かごのセンスの良さと中身に魅せられたのでこの絵本を選びました。お買い物のスリルと楽しさを両方味わえる素晴らしい絵本でした。主人公はお母さんの言いつけに従って小さいのに一人でお使いが出来るなんて本当に頼もしいな!と思いました。お母さんも主人公を信頼して任せようと決意したのは勇気がいっただろうなと思いました。お使いを任された主人公はとても誇らしげで嬉しそうで私まで楽しい気分になりました。娘がもう少し大きくなったら主人公の様にお使いが出来るといいなと思いました。

    掲載日:2008/11/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぶたぶたくんのおかいもの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ / ぐりとぐら / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(157人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット