もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

あーんあん」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

あーんあん 作・絵:せな けいこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1972年12月
ISBN:9784834003727
評価スコア 4.49
評価ランキング 6,977
みんなの声 総数 157
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 保育園前に

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    保育園に通う前に、なにか保育園にまつわるかわいい絵本をと思い購入しました。
    お母さんと離れるのがさみしくてたまらない子が、あ〜んあんと、お友達も巻き込んで泣き続け、涙の海におぼれたら、ママが迎えにきてくれるかな?というなんだか可愛いお話しです。
    涙がどんどんたまっていく様子が楽しいみたいで、繰り返しよんでいました。
    ママと離れるとかのお話しを読むと泣き出してしまう息子ですが、これはそういう感じではなく楽しく読めました。

    掲載日:2016/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ん〜

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    2歳の息子に読んであげました。

    保育園に行ってないので、息子には分かりにくかったかもしれません。
    初めて読んだとき、魚になってしまう展開にびっくり。個人的には、何だかよく分からないというか、好みではない絵本でした。

    掲載日:2014/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙がたまってどんどん増えて…

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    あらあら、魚になっちゃった、のくだりがだいぶ我が子のお気に入りのようで、ここのくだりばかり何度読んだかわかりません。大勢の子供が一度にあーんあん、と泣くページでは、自分のお気に入りの柄の服を来ている子がいるらしく「わたし、この子」と言ってゆずりません。それだけ気に入っている絵本です。

    掲載日:2014/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • はっ‼

    • 蒼良さん
    • 30代
    • せんせい
    • 兵庫県

    よくある光景の絵本です。
    一人が泣くとつられて悲しくなってしまう。

    ただ、その後の展開が、
    やはりせなさん。違いますね。

    涙がたまってくるところまでは
    普通に聞いていた子どもも
    突然魚になってしまった場面を見て、
    はっ という顔をしていました。

    思っていた展開と違うと思ったんですかねぇ、

    えんえん言ってたら魚になっちゃうの
    そんなバカな

    と言わんばかりの顔をしている子がいて
    思わず笑ってしまいそうになりました。

    大人が想像すらできない発想力を持っている子どもさえも
    はっ とさせる、せなさんのセンスは
    すごいですね!

    掲載日:2013/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい

    2歳の娘に読んでいます。みんな、おさかなになってしまうところがとてもかわいいです。娘もおさかなになるところが大好きです。おさかなになって、お母さんがアミですくいあげるところは、子供がどんな姿になってもおかあさんならわかるのかなと思いました。

    掲載日:2011/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    せなけいこさんの作品だったので選びました。この本はもうとても有名ですね。あーんあーんって泣いていると魚になっちゃうっていうのも衝撃ですが、網でお母さんがすくいに来てくれるっていうオチもまた面白かったです。せなさんならではのユーモアという感じがしました。子供って本当に良く泣くし、またうちの子は他の子が泣いているとすごく反応するので、この本はとても身近に感じられて面白かったようです。もう何度も何度も読んでます。

    掲載日:2011/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分のことのように思える絵本

    大好きなせなけいこさんシリーズは、まだ字が読めない娘でも何回も読んであげると内容を覚えるようで、自分で「みんなもあーんあん」と言いながら楽しそうに読んでいます。
    「○○ちゃんにして読んで」と言って、ルルちゃんの部分を娘の名前にし、保育園のお友達の名前も入れて読んであげると大喜び♪
    「えんえんしたらお魚なるんよね、いかんね」と言いますが、やっぱり保育園で朝送り出すときには泣いてしまう娘です。。

    掲載日:2011/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母の愛は強し

     息子に読んであげたのは,2,3歳の頃だったでしょうか。最初に読んだ時,こんな展開もあるのかと驚いたのを覚えています。

     お母さんと別れて,保育園に行く子供の心細さ。例え,泣きすぎて魚になってしまっても,お母さんは迎えに行くよと優しく,強いメッセージが伝わってきます。

     貼り絵の色とりどりの魚も美しく,とても楽しい絵本でした。

    掲載日:2011/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良書

    • えほんじいさん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 女の子2歳

    泣きすぎると魚になっちゃうっていう発想が斬新でした。しかも最後は網をもってお母さんが助けに来てくれる。やっぱり子供にとってお母さんは一番信頼できる存在なんだな、と思いました。あと、この本読んで「あーんあーんって泣くをお友達も泣いちゃうよ」なんて言うと時々孫は泣き止むようになりました。

    掲載日:2011/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • え?

    これもいただいたお古の絵本。
    保育園にいくのはいいけどママとお別れするのはいやっていう内容で。
    保育園や幼稚園に行くのにママとお別れしなくちゃいけないってことを小さいうちからこういう形で理解されると・・・ちょっと嫌だなぁと思います。
    主人公の男の子が泣いて。お友達も泣いて、みんなで泣いて海になって
    ・・・。みんなお魚になっちゃうんです。お母さんがあみをもってきて助けてくれるでしょうっていう内容です。

    なんだか・・・大人の私が読んでもしっくりこない内容です。
    短い文だけど何を訴えたいのかわからない内容だと思います。

    これも自分では買わない絵本です。もらい物なので読んでますが。

    掲載日:2010/11/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あーんあん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット