ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ふでこぞう」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ふでこぞう 作・絵:せな けいこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2002年
ISBN:9784494001576
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,622
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 便利なふで

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    2歳と4歳の子に読みました。
    こどものふでが夜、動きだし…。
    おばけのおはなしですが、かわいいおばけですよ。
    卵に顔を描いたり、羽を描いたり、ゆうれいに笑顔を描いたり、足を描いたり。それがみんな実体化するのがすごいですね。便利で面白いです。でも夜限定。

    掲載日:2015/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 筆の魔法

    月の光を浴びて、夜中、筆はひとりでに動き始めます。
    卵に顔を書いたら、卵は卵おばけになった・・!
    筆と卵おばけは夜の散歩に出かけます。
    先々で卵おばけを食べようと狙う動物たちが出現。
    でもそんなときは筆こぞうがサラサラっと筆の魔法を使うから平気。
    筆こぞうの魔法の力に魅了されます。
    せなけいこさんのお化けはいつも本当に魅力的だな。

    掲載日:2011/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなオバケ!

    オバケが大好きな息子。その中でも最近トビッキリなのが、このふでこぞうです。たまごに落書きしたり、ネコの色を変えてみたり、幽霊の顔を愉快に落書きしたり…イタズラざかりの息子だけに、その辺が波長が合うようで…幽霊の足を描いたら踊り出した、というところなんか「ええええええ???」なんて言って後ろに倒れ込んでは、腹を抱えて笑ってました。
    あと私がお気に入りなのが月の光が当たって動き出すところ。「じの へたなのは、おいらの せいじゃないよ。あしたは しっかり かきなされ!」この辺りにせなけいこさんの心や物や道具を大事にする気持ちが込められてる気がします。息子も物を大事にするようになって欲しいです。
    大人が読んでも楽しい絵本。大切にしたい一冊です。

    掲載日:2010/08/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ふでこぞう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット