モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

もりでいちばんつよいのは?」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

もりでいちばんつよいのは? 作:ジュリア・ドナルドソン
絵:アクセル・シェフラー
訳:久山 太市
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年
ISBN:9784566007055
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,747
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • もりでいちばんつよいのは・・・?

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    図書館で4歳の次男が見つけて持ってきた絵本です。

    「すごいな、ネズミ」の一言。
    いろんな動物に狙われるネズミが、架空の恐ろしい動物“グラファロ”を持ちだして、ピンチを切り抜けます。
    だけど、架空のはずのグラファロが本当に現れて‥!

    そんなときのネズミの機転の速さに脱帽です。予想外の登場のグラファロまで、うま〜く言いくるめてしまいました。

    子供たちにとっては結構「頭」を使うストーリーのような気がします。
    読み終わったあと、「森でいちばん強いのは?」と尋ねると「うーーーーーーん」と一生懸命悩んでいました。
    ネズミは弱いのかもしれない。でも森で生き抜いているんだから、実はいちばん強いのかもしれないね。強さとは腕力のことだけじゃない。賢さだって強さですもんね。

    それにしても、リズミカルでおもしろい訳がしてあります。日本語独特のおもしろさにうまく変換されていて、すごいなと感心しました。

    掲載日:2013/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみ君に一本!

    題名からして面白いそう〜。
    そして読んでみたら、お話もとっても面白ろかったです♪

    森を散歩しているねずみ君が、
    次から次へと天敵と出会い、
    それを知恵をつかって撃退していくのですが…

    そのあたりまでは、普通にありえるお話だよね〜
    だったのですが、
    後半の展開に息子は大喜びでした^^;
    だって、空想だと思っていたら、本当に登場するんだもん!
    といった感じでしょうかあ(笑)

    この後半で、ぐっとお話が面白くなっていました♪

    掲載日:2008/05/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「もりでいちばんつよいのは?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / めっきらもっきらどおんどん / すてきな三にんぐみ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / よるくま / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット