十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

鬼といりまめ 二月」 大人が読んだ みんなの声

鬼といりまめ 二月 作:谷 真介
絵:赤坂 三好
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,068+税
発行日:1991年
ISBN:9784333015139
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,742
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 節分の時期に読みたい

    • あみむさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子14歳

    小学校で読み聞かせをしています。
    来年の節分前に、ぜひこの本を読みたいなと思いました。
    節分の由来は色々あるのでしょうけれど、
    こういうのがわかると、行事がより楽しくなりますよね。
    菜の花が咲くページがとてもきれいでした。
    お母さんの愛情と賢さが伝わってきます。
    (ちょっと鬼がかわいそうかな〜とも思いますが)

    掲載日:2014/02/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • なるほど・・・の由来話

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子20歳

    切り絵?版画?
    インパクトがあります

    伊豆や東京都の桧原村などに伝わる
    節分の由来話とのこと

    なるほどなぁ〜

    娘の名前は「おふく」→福に通じるんですね

    おかあさんがちょろっと言ってしまった言葉
    鬼は約束通りしてしまうのですが
    ここで、お福に優しくしてくれれば
    また違ってたのにね

    菜の花の種がいいですよね

    炒った豆を一生懸命育ててる鬼の姿は
    なんかいじらしいです
    改心したら、許してあげてもいいのにね

    掲載日:2012/02/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 行事むかしむかし・二月

    行事むかしむかし話の二月「節分」の由来のお話です。

    このお話は、伊豆や東京都下の桧原村などに伝わるものをまとめたもの

    だそうです。おふくを思う母親の愛情が伝わってきます。

    鬼も結構純情で、可愛いおふくと生涯連れ添っていきたい気持ちが伝わ

    ってくるのですが、やっぱりおふくは人間と暮らせてよかったです。

    煎り豆で豆まきをする由来を知ることが出来てよかったです。

    黒い輪郭が強いインパクトのある絵が魅力です!

    掲載日:2011/10/27

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「鬼といりまめ 二月」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / めっきらもっきらどおんどん / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / だるまさんが / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット