だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ねんどぼうや」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

ねんどぼうや 作:ミラ・ギンズバーグ
絵:ジョス・A・スミス
訳:覚 和歌子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
ISBN:9784198617240
評価スコア 4.07
評価ランキング 18,030
みんなの声 総数 27
「ねんどぼうや」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵と裏腹に恐い本…かな。

    子供が一人で読んでいるところをきいていたのですが正直恐い本です。

    おじいさんがさみしさを紛らわすためにねんどで男の子を作るお話です。
    このねんどぼうやは話し動き出し、家族が増えてたのしいイメージがわくのですが、子供が読むのを耳をすましていると、話はとんでもない方向に…。

    ねんどぼうや、どんどん、おなかがすくようで家中のもの、そして、にわとり、あひる、ねこまでもたべてしまいました。

    でも、まだまだ足りないようで、おじいさんもおばあさんもごっくん!

    これでも、おさまらず、村中へ…。 ここまで書いたら分かりますよね。
    同じです。 どんどん食べて村中のものたちもいなくなりました。

    恐くて、読むのを途中で止めることはできないと思います。

    頭のいい動物が飲み込まれたみんなを救いホッとはするのですが何故かスッキリしませんでした。

    ある意味、忘れられない本になりそうです。

    掲載日:2011/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外な動物が現われて、めでたしめでたし。

    表題のあとに、“いろいろな国に、少しずつかたちを変えて、つたわっています”とあるように、どこかで読んだことがあるようなお話しです。
    おじいさんとおばあさんが子どものいない寂しさを紛らわすように、ねんどで男の子をこしらえました。するとねんどはすっくと立ち上がり、「ぼく、ねんどぼうや!おなかぺこぺこ」と言いました。ミルクとパンを平らげたねんどぼうやが、「もっと!もっと!」と言うのを聞いて、かるい悪寒が走りました。嫌な予感は的中!さらにヒートアップするねんどぼうやは、手当たりしだいに何でも飲み込んでいきます。槙ひろしさんの『くいしんぼうのあおむしくん』のリアル版という感じで、擬音も効いて恐怖さえ感じました。やり切れないエンディングを覚悟しはじめた頃、意外な動物が現われて、めでたしめでたしで幕引きとなるのですが、あの動物は外国では神の化身なのでしょうか?有名なノルウェーの昔話を連想する方も多いと思います。
    ある程度大きくなってから読まないと、怖すぎてこどもがついて来ないと思いますが、我が家ではめずらしく、息子が続けて持って来たので☆5としました。のちのちまで心に残りそうな作品です。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねんどぼうや」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / だるまさんが / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.07)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット