ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!

落語絵本8 いちがんこく」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

落語絵本8 いちがんこく 作・絵:川端 誠
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年01月
ISBN:9784861010163
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,191
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもしろいです

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    なぜか江戸時代にテレビがあるという設定。テレビに出すなにかめずらしいものをさがしているテレビ局関係者が、ひとつめこぞうがいるという情報を聞きつけ、遠くまで探しに出かける。そこで、ひとつめの女の子に遭遇する。テレビに出てもらおうと追いかけるが、逆に逃げられ、逆にTV関係者の男はつかまってしまい・・・。
    最後のオチがおもしろいです。大人なら途中でオチがよめるかもしれません。
    娘は、少しわからない部分もあったようですが、おもしろかったと言ってました。
    この落語シリーズは、とてもわかりやすく作られています。

    掲載日:2017/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかっちゃった!

    息子が年長さんの時に読み聞かせをしたのですが
    本のタイトルをみて、「もしかして、一眼国に行ったお話し?」
    まだお話しを読む前にそう話してたのもあり
    お話しを進めても「あ〜、オチがわかってきた・・・」
    少々つまらなさそう。(><)
    おちの場面に来ても、やっぱり・・・と言った感じでしたが
    お話しの初めの部分のいかにも落語らしいと言うのでしょうか?
    江戸時代にはテレビも有り、ドラマもその他、いろいろ〜
    って場面は「昔にそんなのあったの?」
    と妙に目の色を輝かせたりしてました。
    私的にはお話しの内容もおもしろく、テンポも良かったので
    ☆5つにしたかったのですが、息子の様子を踏まえて
    ☆4つに。

    掲載日:2008/08/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「落語絵本8 いちがんこく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



好評につき第2弾!もしあなたが桃太郎だったら?!

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット