モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

さかさまライオン」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

さかさまライオン 作:内田 麟太郎
絵:長 新太
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1985年09月
ISBN:9784494006397
評価スコア 4.26
評価ランキング 13,876
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもしろく読めました

    内田さんのナンセンス絵本は感想が書きづらくて少々苦手なのですが、この本はおもしろく読めました。

    何といっても、おもしろライオンを書かせたら右に出るものはいない長さんの絵がマッチしていると思います。

    かげとライオンのやりとりがユニークです。

    本来はすべて自分なのですが、対立構造のように二分している哀れさとおもしろさがあると思います。

    気持ちでも心の中で相反する気持ちが拮抗するときがありますよね。

    深読みかもしれませんが、そんなおもしろさも感じられました。

    息子は、おならのところでうけていました。

    掲載日:2009/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 影と本体が入れ替わるの?

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    影が、いつも陰の存在である自分が嫌になります。
    ふとした拍子に、ライオンの本体と入れ替わって大活躍!

    影と本物が入れ替わるという発想も面白いし、猟師との知恵比べもドキドキしながら読みました。
    長さんの絵がユーモラスで動きがあって、このお話を引き立ててます。
    特に影に引っ張られてるときの、本体のライオンの顔がなんとも言えません。

    初めて上の子に読んであげたのが5歳くらいでしたが、
    そのときはあまり反応がよくなかったです。最近(今小1)になって、
    このお話の面白さのツボがわかってきたようです。

    絵本ですが、少し大きい子向けかなと思います。

    掲載日:2008/10/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「さかさまライオン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.26)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット