たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ラチとらいおん」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ラチとらいおん 文・絵:マレーク・ベロニカ
訳:徳永 康元
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1965年07月
ISBN:9784834000450
評価スコア 4.74
評価ランキング 807
みんなの声 総数 201
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読むのが遅すぎた?

    6歳の息子にはイマイチでした。
    まず息子に言われたのは、『ラチは弱虫なのに、どうしてライオンを欲しいと思ったの?ライオンのが犬より恐いのに』です。
    確かに・・・
    私が試し読みをしたとき、ヘタレ気味の息子に合ったいい本だと思ったけれど、ラチが苦手なことと息子が苦手なことが違ったため共感しずらかったようです。
    もう少し純粋に聞ける3〜4歳くらいに読むとよかったかなぁと思いました。

    私自身の感想は『夢をかなえるゾウ』のような感じのストーリーで前向きになれる素敵な絵本だと思います。

    掲載日:2012/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 巣立ちのとき

     娘は、ラチとは正反対の性格。大きな犬も怖くないし、友だちもたくさんいる。でも、ラチと同じように、怖いものや、苦手なこともある。子どもはみんな、1つ1つできることを増やし、自信をつけて、日々成長していくものなんだよね。誰でも、ラチのらいおんのような存在を心の中に感じながら、勇気をもらっているのかもしれない。

     「きみは、らいおんとおなじくらい つよくなったね。もう、ぼくがいなくても だいじょうぶだよ。」・・・卒園式の夜、娘の巣立ちの第一歩を迎え、涙があふれた。

    掲載日:2010/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 強く育て男の子

    とても弱虫のラチ。
    そんなラチのところに小さなライオンがやってきて・・・
    ライオンのお蔭で段々と自身が出てきてラチは強い男の子になって行きます。
    息子もそんなに強い子でなかったので何か感じ取ってくれたらいいなとこの絵本読んで聞かせました。
    最後のライオンとのお別れがとても胸熱くなりました。
    世の男の子も小さなライオンを心に強く育って欲しい〜
    男の子にお勧めかな〜

    掲載日:2010/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 孫娘にとってのらいおん

     今6歳の孫娘に、数年前に購入した一冊。

     今でも思い出したように、確かめるかのように、時々引っ張りだして読みます。
     思うに、ラチにとってのらいおんが、孫娘にとってこの絵本なのかもしれません。

     シンプルにこどもの成長を励ます名作だと思います。

    掲載日:2008/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • らいおんのような親に・・・

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳、男の子1歳

    この本は、娘が小学校で先生に学級文庫にあったこの本を読んでもらったと言っていました。もう一度読みたいというので、図書館で借りてきました。

    6歳の娘は、長い文章のある本でも自分で読めるようになってきたので、この本は無理なく読んでいました。

    ラチは、世界一弱虫な男の子!本が大好き♪ラチの夢は飛行士になること!怖がりで泣いてばかりだけど、ある日、ちっちゃなライオンがラチのところに来てから泣き虫克服トレーニングが始まります。さて、ラチは、飛行士になれたのでしょうか???

    ラチとうちの娘は、共通点が何個があってついラチが怖がっているページなると、娘と重なってしまって、そうそうこうなんだよね〜と思ってしまいます。娘も心当たりがあるのか?『ラチとらいおん』のお話どうだった?と聞いても二ヤリと笑って行ってしまいましたヾ(- -;)

    ライオンは、体はちっちゃいけれど、とっても逞しい心の持ち主で、指導者のよう、ラチの気持ちを汲んであげて、子供に無理をさせない程度にトレーニングをしたり、見守ってあげたりします。私もライオンを見習って、娘に接していけたらいいなぁと思いました。

    最初の出会いは、ちょっと強引でしたが、最後は、見事な引き上げ方をしていました。つい娘には、心配から長々お説教をしてしまったり、子供に任せるべきところまで口を挟んでしまうので、反省しました。私も娘のライオンの存在になれたらいいなぁと思います。

    子供だけでなく、親にもためになる本です。

    掲載日:2008/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • らいおんが来ます様に。

    • みかずまゆさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子2歳

     6歳の息子と2歳の娘に読んであげました。
    まず絵が穏やかでかわいらしい。色使いも落ち着いていて、
    なんと言っても、ライオンの顔がとてもかわいいのです。
    らちが少しずつライオンのおかげで自信をつけていく様が、
    分かりやすく描かれています。
    最後には、ちょっとほろっと来る感じで、息子は、
    読み終わるといつも「にこっ」とします。
    先日の七夕様の短冊に「ライオンがボクのうちに来ますように」と
    書いたらしく。
    笹流しをして、煙にお願い事を乗せて天に届けたのですが、
    次の日朝起きて、下の階にライオンが来ていないことを知って、
    相当がっくりしていました(余談)

    掲載日:2008/07/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ラチとらいおん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おおきなかぶ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット