ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ミロとまほうのいし」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

ミロとまほうのいし 作:マーカス・フィスター
訳:谷川 俊太郎
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1998年
ISBN:9784062619813
評価スコア 4.75
評価ランキング 699
みんなの声 総数 11
「ミロとまほうのいし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 2つのラスト

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子11歳、男の子8歳

    次男が自分で借りてきて「キラキラの鼠の本があった」と私に見せてくれました。「にじいろのさかな」でおなじみのマーカスさんらしい
    青を基調にしたきらきら光るパーツ使いの本です。さらに、この本の面白いところは、途中からお話が2つに分かれているのです。

    金色の光る石を見つけたネズミたちの幸せな終わり方と、悲しい終わり方がページを半分に分けて進んでいます。
    私は、幸せな終わり方から読みました。団結することの大切さをしみじみ感じました。
    次に悲しい終わり方のほうですが、こちらは深読みすると自然破壊への警句のような気もしました。

    ネズミたちの表情の描きわけが見事で、悲しい終わり方のほうのネズミの目はキーンととがっていて、一方幸せな終わり方のネズミは本当に可愛らしいネズミになっています。

    変わった装丁というだけでなくストーリーもしっかりした良い本だったと思います。大人の私も読んでいて人生の選択というものを、いろいろ考えさせられました。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ミロとまほうのいし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット