だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん新版」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん新版 作・絵:エルサ・ベスコフ
訳:おのでら ゆりこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1977年5月25日
ISBN:9784834005455
評価スコア 4.75
評価ランキング 659
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小人になりたい!

    べスコフの作品も、娘といっしょに随分たくさん読みましたが、この絵本は特に青と赤の色が印象的で、1枚1枚の絵がどれも美しく、ブルーベリーの男の子たちも、こけももの女の子たちも、本当にかわいらしい! 他の代表的な作品同様、小人たちが登場しますが、今回はその小人たちがメインのお話で、しかも主人公までもが小人さんになってしまうのですから、聞き手の子どもたちもそれはそれは喜んでお話の世界へと入っていけますよね。

     口の周りも、手足も、服も、青い染みだらけのブルーベリーの子どもたち。本当に羨ましくなるほど、子ども時代を堪能しているなぁ、と感じます。プッテもいっしょに、ねずみにまたがって、森を駆け抜けるシーンも楽しそう!(娘は、その様子を見ているとかげの絵がお気に入りです!)
     最後のページは、お母さんへのまごころがあふれていて、私まで“お裾分け”をもらった気分になりました。

     それぞれの年齢で(もちろん大人も!)、いろんな楽しみ方ができる1冊ですが、娘は、こけものの女のたちの背比べをしたり、ブルーベリーやこけももの数を1つ1つ数えたりして楽しんでいました。

    掲載日:2009/06/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん新版」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット