宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

がたごと がたごと」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

がたごと がたごと 作:内田 麟太郎
絵:西村 繁男
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年04月
ISBN:9784494008872
評価スコア 4.51
評価ランキング 5,692
みんなの声 総数 127
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不思議な世界へ

    お客さんが電車に乗って「がたごと がたごと」。何気ない風景が続くのかなと思いきや、田舎町に森の中に、トンネル通って妖怪の世界。その他に江戸の町やらいろんなとこを通過します。文章は短いですが、目で見て6歳4歳の娘たちはものすごく楽しんでいました。

    投稿日:2014/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • はまる・はまりました

    • 30ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子・5歳

    図書館で子どもが自分で選んできた絵本です。
    選んだ当初は、この本の仕掛けはしらなかったようです。

    でも・・・ページをめくっていくと
    電車が駅に着くたびに降りてくる、乗客は
    動物だったり、おばけだったり、何に変身したか
    探し当てるのに親子でわいわい盛り上がりました。

    さがしものの絵本大好きっこの娘のつぼに
    ぴたりとはまったようです。
    (この本買って欲しいといっていました)

    絵が西村繁男さんが描かれたものですので、
    「夜行列車」の進化系の本ともいえるのではないでしょうか?

    投稿日:2008/11/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「がたごと がたごと」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

からすのパンやさん / どうぞのいす / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / よるくま / ちょっとだけ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • よるのねこ
    よるのねこ
    作・絵:ダーロフ・イプカー 訳:光吉 夏弥 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    じゃあ、よるは? ねこのよるってどんなかな?


大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

全ページためしよみ
年齢別絵本セット