だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

がたごと がたごと」 大人が読んだ みんなの声

がたごと がたごと 作:内田 麟太郎
絵:西村 繁男
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年04月
ISBN:9784494008872
評価スコア 4.51
評価ランキング 5,171
みんなの声 総数 126
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 電車に乗ったら…

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    街の駅から、お客さんがぞろぞろと乗ります。
    がたごと がたごと
    電車は、街を抜け、緑広がる畑の中を通り抜け、山の奥へと、
    がたごと がとこと
    ここまでは、ありきたりな風景です。
    が、ついたところは『おくやま駅』
    そこで乗り降りするものは…
    そして再び、
    がたごと がたごと

    電車の型は、昭和を感じさせるタイプ。そして、色々な駅に着くのです。場所を越え、時代を越え、不思議な世界へと私たちを連れていってくれます。そして、そこには、お話の世界も広がっています。
    電車の持つ、不思議な魅力が、たくさん伝わってきます。

    掲載日:2009/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 西村繁男さん

    西村繁男さんの作品だったのでこの絵本を選びました。とてもユニークな電車に魅せられました。風景もとても凝っていて素敵だなと思いました。駅名もユニークで思わずクスリと笑ってしまいました。どの駅も特色があって見どころ満載でこんな電車なら乗客は皆途中下車してみたくなってしまうだろうと思いました。電車好きの方は勿論ですがそうで無くとも西村繁男さんの味のある素敵な絵に魅せられてしまうだろうと思いました。

    掲載日:2008/10/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「がたごと がたごと」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / よるくま / ちょっとだけ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


ねえ、「コワイ」って、もってる?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット