こけこけコケコッコー こけこけコケコッコー こけこけコケコッコーの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
『いもむしれっしゃ』のにしはらみのりが描く、じっくり楽しむ苔絵本! 

ぴかくん めをまわす」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぴかくん めをまわす 作:松居 直
絵:長 新太
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1966年12月
ISBN:9784834000887
評価スコア 4.49
評価ランキング 7,271
みんなの声 総数 64
「ぴかくん めをまわす」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 気になっていた絵本

    最近購入して読みました!毎日大忙しで働く信号機のぴかくん、ある日忙しすぎて目を回し故障してしまうとゆうお話。息子は車も好き、交通ルールも覚えて信号機の役割も知り興味深々で聞いてくれました。全部内容は理解していないと思いますが、充分絵だけでも楽しい絵本だと思います。

    掲載日:2011/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 信号が主役!

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子2歳

    この絵本、偶然行った古本屋さんで100円で買えました。
    本当にラッキーでした♪

    信号機の「ぴかくん」は毎日、青・黄・赤とくり返し光ります。
    ぴかくんのおかげで、車もバイクもぶつからないで走れています。
    みんながぴかくんの信号を守れば、道路はスムーズに流れます。
    でも、忙しすぎてぴかくんが目を回して(壊れて)しまいました!
    ぴかくんのありがたみ、信号がないときどうするか、などがよく分かる絵本です。
    子どもに交通ルールを教えるのに、ちょうどいいですね。
    それも、ただ「信号を守りましょう」というよりも、
    「ぴかくん」という信号が主人公ということで、親近感もわきますし、子どももすんなり守ってくれるのではないでしょうか。

    1966年初版発行と、かなり古い本です。
    でも、今読んでも新鮮です。
    牛乳配達とかは、昔よりメジャーではなくなってきてますが。
    (昔はおまわりさんが信号をつけに来てたのでしょうか?
     今は違いますよね。)
    文章がすこし教訓的?なところがあるので、私にはすこし引っかかりますが・・・。
    子どもは大好きで、その日買って来た絵本が他にもあったのに、一番に「ぴかくん」に食いついていました。
    今はまだ2歳なので、子どもが自分ひとりで出かけるということはありませんが、
    大きくなって親がそばにいないときにこそ、この絵本の教えが生きてくると思います。
    これからもくり返し読んでいきたいです。

    掲載日:2008/05/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぴかくん めをまわす」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(64人)

絵本の評価(4.49)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット