だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ちのはなし」 大人が読んだ みんなの声

ちのはなし 作・絵:ほりうち せいいち
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1978年10月
ISBN:9784834007299
評価スコア 4.73
評価ランキング 912
みんなの声 総数 36
「ちのはなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大切な血

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子21歳、男の子19歳

    身体にとって大切な血について解説した科学絵本です。
    心臓の働き、赤血球、白血球、血小板、と本格的ですが、
    たっぷりの絵と、やさしい語り口の文章で、
    子どもたちにも理解できると思います。
    出血をすると、怖さが先に出てくると思いますが、
    血のことをきちんと理解しておれば、冷静に対処できるような気がします。
    何より、血液や心臓の働きは、やはりすごいものです。
    自分の体について考えるきっかけになると思います。
    ある程度理解できるのは、小学生くらいからでしょうか。
    もちろん、小学校で読みます。

    掲載日:2015/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 堀内さん

    堀内誠一さんの作品だったので選びました。ダイナミックな絵が良いと思いました。主人公と一緒になって血に関してとことん学べるのが良いと思いました。特に血の流れが一目でわかる場面が気に入りました。この絵本を読むことで自分の体の仕組みにも興味を自然と持てるようになると思いました。

    掲載日:2010/10/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ちのはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(36人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット