うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

おかえし」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

おかえし 作:村山 桂子
絵:織茂 恭子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1989年09月
ISBN:9784834004823
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,426
みんなの声 総数 102
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • わかってる展開だけど楽しい

    引っ越してきたキツネがおとなりへご挨拶の品を届けることから始まる話。
    ご挨拶の品をいただいたから、お返しにタヌキもお返しを届ける。
    これの繰り返し。

    「おかえしの おかえしの おかえしです」ってこのお返しの増えること増えること。
    読んでいる横で子供は大笑いです。

    途中ではわが子もお返しにあげちゃうんです!それはダメでしょ!って読んでいて突っ込んでしまいました。

    でもお互いの家の行き来をみていると、自分も「この間いただいたからお返しに。。」って何かを買ったりすることがよくあります(笑)

    絵本の中だけじゃないな〜って苦笑いするお母さんはいると思います。

    掲載日:2015/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても面白い一冊!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    3歳の娘のために図書館から借りてきた一冊ですが、
    娘と読んだ後、これは長男と読むべきだ!と思い、
    翌日に長男と読み直しました。

    たぬきさんのおうちの隣にひっこしてきた、きつねさん。
    お引越しのご挨拶に、いちごをもっていくと、
    たぬきさんからおかえしにタケノコをもらって・・・。

    と、最初はよくある風景ですが、
    そのうちおかえしがどんどん積もり積もって、
    えーっ!そこまでやりますか!
    という感じ。

    自分の子供までヒョイッと連れて行ってしまう様子や、
    連れて行かれた後の子供の表情なんかが、
    これまた面白くて笑えます。

    全部全部をお返しとしてお互い交換しあったあとに、
    また振り出しにもどる感じなのも、とってもユニーク!

    絶対にあり得ないストーリーですが、
    絵本だからこそ安心して楽しめて笑える、
    とっても面白い一冊です!

    掲載日:2014/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこまでいくの

    ひっこししてきたきつねさんが、となりのたぬきさんに挨拶がてら届けたイチゴ。
    そのおかえしに、きつねさんがたぬきさんに届けたたけのこ。
    もらったらおかえし、おかえしをもらったらそのおかえし。
    これがお近所づきあいです。
    絵本のエスカレートぶりには圧倒されました。
    子どもまでか自分までおかえしにしてしまうのですから。
    おもいきりたのしく、リズミカルな絵本でした。

    掲載日:2013/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女性ならでは!

    わかります、わかります、この気持ち。
    これからも良い関係を築きたいお隣さんから頂きものをしたら、
    ぜひおかえしをしたいもの。
    このお話のように連続ではないにしろ、私たち主婦も時間をかけて「おかえしのおかえしの・・・・」みたいなこと、やってますよね。

    さてさて、他の方のレビューに内容はほとんどかかれてますが、きつねとたぬきの奥さんが「おかえしのおかえしの・・・」を繰り返す様は単純だけど笑えます。
    毎回何を持っていくのか気になるところ。
    あげるものがなくなったときに思いついた贈り物とは・・・!?
    「んな、あほな!」とつっこんでしまいます。

    お話はめでたしめでたし。
    それにしても・・・たぬきをきつねって仲が悪いと思っていた大人にも、ラストはいい感じです。

    掲載日:2011/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかえしのおかえしの・・・・

    • 茶美さん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子10歳、女の子8歳

    小学校2年生のクラスで読み聞かせをしました。

    引越しの挨拶から始まった、おかえし。
    気の良いたぬきときつねのお母さんがおかえしを繰り返していく。

    途中からみんなで「おかえしのおかえしの・・・」と
    合唱のように数えながら楽しく読んだ1冊です。

    読み終えてから感想をききましたが、
    「なんどもおかえしをするところがおもしろかった」
    「引っ越したのにまた、引越しをしたのがおもしろかった」
    など、繰り返しが子供にはとても楽しいようです。

    ただ、読み手としては息が続かないのできつい本かも(^^;

    掲載日:2009/06/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おかえし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / もこ もこもこ / こんとあき / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット