ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ぞうくんのさんぽ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぞうくんのさんぽ 作・絵:なかの ひろたか
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1977年04月
ISBN:9784834005158
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,335
みんなの声 総数 325
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 小さい子への定番本

    ぞうくんが、散歩中に出会ったかばさんを背中に乗せ、次にあったワニさんもまた乗せて。かめさんが乗ったところでバランスを崩して、「うわー。どっぼーん」と池に落ちてしまいます。
    優しいカラーの絵でとってもほのぼのしています。ストーリーもシンプルで分かりやすくて面白く、私にとって、小さい子への読み聞かせの定番本です。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい

    子育てのサークルでみんなに読む絵本探し。
    有名な絵本とは知らず、表紙を見て、絵の色使いや
    雰囲気が好きなので選びました。

    絵本の表紙を見たとたん、「あー知ってる〜」と子供達。
    あら〜失敗したなぁ、なんて思ったのですが、読んでいくと、
    楽しそうにきいてくれます。
    話を知ってるので、最後にドボーンと川に落ちるのを
    ワクワクして待っています。
    「どっぼーん」の場面では待ってました〜とばかりに
    喜ぶ子供達でした。

    掲載日:2013/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ざばぁーんと飛び込めー!

    • kokeさん
    • 30代
    • ママ
    • 長野県
    • 男の子3歳、

    ぞうさんがかばさんをのせて、わにさんをのせて散歩するお話。

    大きな体のぞうさんは心も広い! いいよいいよ背中に乗って。とみんなをのせてくれるのですが……最後には池の中にどぼーん☆ 動物たちが飛び込むシーンは特に楽しそうに見ています。

    児童館での読み聞かせの際には、前後でかえるさんが池に飛び込む手遊びなど絵本とつながりがある遊びをするので、子どもはさらに面白みが増すようです。

    掲載日:2012/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 町の図書館で

    以前町の図書館でこのお話を読み聞かせていました。なのでうちでも読んでみようかと思いました。読んであげると、「この前やってたやつだね。」って言って喜んで聞いてました。内容とかも意外に覚えていて一緒に読んできたのにビックリしました。

    掲載日:2012/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆかいな なかま

    下の息子がこの絵本の大ファンでした。初めて出逢ったこの絵本を何度も、何度も読んで!!ってせがまれて読んであげていました。あるときページをめくると字が読めないはずの息子がすらすらお話を始めました。最後にみんなで水に飛び込むシーンも「バッシャ〜〜〜ン」って言って喜んで読んでくれました。大判の絵本を借りた時は凄い喜びようでその時の笑顔を忘れられません。やさしいタッチの絵と分かりやすいストーリーが息子の心に何か響いたのかもしれません。その後子供たちが喜ぶ顔が見たくて、紙粘土で、ぞうさん、かばさん、わにさん、かめさんを造ってあげて一緒に色塗りをしました。今でもその紙粘土は、我家の玄関に飾ってあります。学校に行く時は「いってらっしゃい」帰宅をすれば「お帰りなさい」と4匹が笑顔で挨拶をしてくれているようです。

    掲載日:2011/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちよさそう♪

    どんどん背中に乗せていくぞうくんが面白かったです。
    こんなに背中に乗せて大丈夫かなあ?と思っていたら案の定・・・
    でも最後はみんな楽しそうでよかったです♪この暑い時期には
    ラストシーンがとても羨ましい。

    掲載日:2011/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくはちからもち〜

    動物といえば「ぞう」が好きな娘。
    表紙の可愛さに惚れてつい買ってしまいました☆

    さっそく気にってくれたようで「ぞう君よんで〜」と家に帰るなり言ってきたので読んであげることに…

    散歩に誘うのになぜか自分で歩かずぞう君の背中に乗っていくかば君とわに君、かめ君。

    「自分で歩かないのかいっ!」読んでいる私がつっこみつつ、くすくすと笑ってしまいました(^^)

    娘は「うん。うん。ぼくはちからもち。」のセリフが気に入ったようで、ふとした時に口ずさんでいます。

    すべての文章において単純ではありますが、言葉のリズムが楽しい絵本です!

    掲載日:2011/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな子にわかりやすい

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    5歳と3歳の子供達に読みました。
    小さな子にも分かりやすく構成されており、1〜2歳の子向きにも思えるのですが、5歳でも3歳でも楽しんでくれました。
    特に3歳の娘は何度も読んでほしいとこの絵本を持ってきます。
    絵と色も素敵です。

    掲載日:2011/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 定番絵本

    1〜2歳頃の読み聞かせの定番絵本ですよね。
    息子も図書館のお話会で読んでもらったことがあります。
    お話会では大型本を使っていたので、それはそれは迫力がありました。
    「うわ〜っ」「どっぼーん」のところでは、みんな大笑いでしたよ。
    そして、遠目から見ても色合いがとても綺麗で印象に残っていました。

    3歳になって、再び図書館で借りてみました。
    やっぱり、「うわ〜っ」のところでケラケラ笑っています。

    ぞうくんやかばくんのほのぼのした表情がとても可愛く、ほんわかした気持ちになれる絵本です。

    掲載日:2010/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 皆でおでかけ

    繰り返しの言葉と画面いっぱいに描かれたイラストが魅力的な絵本です☆
    皆で重なりながら歩いていく様子はなんとも微笑ましくて読んでいると目尻が下がってしまいます。
    子供もお気に入りの絵本でした。

    掲載日:2010/08/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぞうくんのさんぽ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット