モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

いもうとのにゅういん」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

いもうとのにゅういん 作:筒井 頼子
絵:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1987年02月
ISBN:9784834001617
評価スコア 4.8
評価ランキング 269
みんなの声 総数 126
「いもうとのにゅういん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 感動します。

    • まおずままさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、女の子4歳

    お友達と遊ぼうと思っていたあさえが、大事なお人形、ほっぺこちゃんを妹がどこかにやってしまって文句をいうところからお話は始まります。
    ところが、お母さんに負ぶわれてきた妹はぐったりしています。
    これから病院へ行くというのです。
    お友達と二人きりで留守番をすることになったあさえ。ところが、妹は入院することになり、お友達は家に帰ると言い、お父さんが帰ってくるまであさえは一人きりになってしまいます。おまけに雷まで。
    心細いあさえでしたが、お父さんが帰って来て、お母さんとも電話で話せて一安心。
    手術を乗り越えた妹にお見舞いを考えます。
    折り紙と、お手紙と、それから・・・。
    病室で妹が大きな包みを開けたら、なんとそれはほっぺこちゃん!
    このあたりで、読み聞かせをしながらいつも涙ぐんでしまいます。
    お姉ちゃんの成長!妹を思い遣る気持ち。

    素敵な絵本ですね。

    掲載日:2015/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママにおすすめ。

    息子が幼稚園から この本を持って帰って来たとき、一番心踊らせたのは、
    母である私でした。

    林明子さんの絵を本屋さんや図書館で見かけるたび、「手に取ってみたい。」
    と思いながらも、その ふわふわやわらかい女の子の表紙と、泥んこと悪ふざけが大好きな ウチの男子二人が到底共感できるわけがないと 苦笑いしながら
    通りすぎていたのです。


    絵本を ひらいて、描写のリアルさに、息を飲みました。
    この空気感、覚えてる…。
    カーテンやじゅうたんの色合いや、レトロな小物。
    そこには、自分が小さい女の子だった あの頃があり、懐かしい切なさで胸がいっぱいになりました。

    そして、ちょっと怖いような顔して、いもうとの入院の支度をしているお母さんに、母になった自分を重ねたり、若かった母を重ねたり、色々な思いが交錯して、なかなか本を閉じられませんでした。


    ウチも次男が入院し、まさに絵本のようなことがありましたが、上の子は、本当に弟のことを心配して泣いたり、絵を描いたり、親が思っている以上の絆を感じたところです。

    入院したり病気したり、いつもとはちがう数日間ではあっても、時が過ぎれば 薄らいでしまうような記憶を、みずみずしいままで切り取ってくれた、そんな絵本でした。

    ただし! 案の定というか、絵本は好きなウチの子どもですが、この絵本には、まったく興味を示さず 触れようともしませんでした。
    「女の子が読む本」とでも 思ってるのかな?

    いつか妹ができたり、娘ができたとき、自分からひらいて、何か感じでくれたらいいな、と思いました。

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ほっぺこちゃんとねてる♪」

    幼い姉妹のありふれた日常の一つを切り出したような物語です。お姉ちゃんのお人形を貸して欲しそうな妹、貸したくないお姉ちゃん、表紙からすでに、物語は始まっています。ページをめくると、大事に乳母車にお人形を寝かせるお姉ちゃん。そしてようちえんから帰ってきたところからお話は進みます。急な妹の入院、家で一人お父さんの帰りを待つことになり、不安な気持ちを加速させるように降りだした雨や雷、そして妹のために、妹が一番喜ぶお見舞いを考えて考えて…
    『お姉ちゃん』とゆう立場の女の子の心の葛藤や成長が見事に描かれた素晴らしい絵本です!林明子さんの絵がとても温かく優しい気持ちにさせてくれます。最後の場面、息子も嬉しそうに「ほっぺこちゃんとねてる♪」とつぶやきました。兄弟のいるお子さんはもちろん、一人っ子でも読んであげたい一冊です!

    掲載日:2014/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいお姉ちゃん

    4歳の長女に読みました。妹のあやちゃんが入院してしまったあさえちゃん。妹が入院する前は大事なお人形の
    ほっぺこちゃんを妹に「返して」と言っていたあさえちゃん。入院してしまって、お見舞いに持っていくものを
    考えるあさえちゃん。お手紙、折り紙、そしてもう1つお見舞いのプレゼントを用意します。

    あさえちゃんのあやちゃんを思う気持ちに感動しました。本当に優しいお姉ちゃん。近くにいるとケンカも
    多くなるけど、離れると妹の大切さもよくわかるのかな。

    長女もお気に入りで何度も何度も読みました。あさえちゃんの気持ちわかったのかな?オススメです。

    掲載日:2012/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • お姉ちゃんの成長

    • だかりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子6歳、女の子4歳

    4歳の娘が保育園から借りてきた本。
    娘自身が最近入院して、ちょっと感じるところがあったのでしょうか?

    このお話の中ではお姉ちゃんで、うちはお兄ちゃん。
    そして、このお話ではお姉ちゃんのあさえが主人公ですが・・・

    普段ならけんかしたりする妹が突然入院することになって、お母さんは妹の付き添いに行ってしまうし、さびしい気持ちでいっぱいのあさえ。
    せいいっぱい妹とお母さんを気遣って、妹に大事な人形をプレゼントしたりするところは本当にけなげでかわいらしいです。すごく成長したあさえにお母さんはびっくりで、とてもうれしかったことでしょう。

    うちのお兄ちゃんもおばあちゃんと一緒にお見舞いに来てくれて、折り紙をプレゼントしてくれたり、とても優しかったのがこのお話のあさえと重なりました。うちも普段はけんかばかりの兄妹なのですが、このときばかりはお兄ちゃんを見直しました。

    掲載日:2012/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思わずほろり

    いもうとの入院をきっかけに
    ぐぐっとお姉さんになる主人公。
    うちのかみさんは、思わずほろりとしながら読み聞かせしていました。
    小さな弟や妹がいるお子さんにはとてもオススメ。

    掲載日:2011/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • あさえちゃんの成長

    • みくみく さん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 女の子4歳、男の子3歳

    1983年発行のこの本は
    絵を見ていても ストリーを読んでいても
    暖かく懐かしい気持ちにさせてくれます

    あさえちゃんの成長はもちろんのこと
    ほっぺこちゃんの分まで ちゃんと夕食が
    テーブルに用意されていて

    一人で寂しく留守番していたあさえちゃんのために
    お父さんのしてくれた優しさ なのかなーなんて
    勝手に想像してしまいます

    こども用のべットのデザイン
    (両サイドの上のところ)

    ティシュカバーが 柱の高いところに
    付けてあるところ

    近所の子が 親抜きでもお友達の家に
    出入り可能なこと
    (まだ幼い年齢でも)

    子供だけでのお留守番・・・などなど
    懐かしい子供時代がたくさん見れました

    不思議と子供の頃を思い出すと
    思い出した分だけ 子供に優しくなれ
    母に感謝することが出来るので
    もしかすると あさえちゃん一家に私も
    少し成長させてもらえたのかも?(^^)

    掲載日:2011/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • おねえちゃんに。

    • よにんこママさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子8歳、男の子6歳、女の子4歳、女の子1歳

    我が家の3番目、4歳の長女が先日
    1歳の妹に、
    自分の大事にしていたウサギのぬいぐるみを差し出して
    「これ、るり(妹)にあげるね。
     はな(自分)は(ぬいぐるみ)ふたつ持ってるからね」
    と。
    それまでは、なかなか貸してあげなかったウサギを
    妹にあげました。

    その、何日か前に、この、いもうとのにゅういんを読んだんです。

    しばらく前から、ときどき、何度か、
    この本を「よんで」と持ってくることがあって。

    わたしも、お姉さんだから、と思ったのかな。

    ハハである私も、本の中のお母さんのように
    我が娘のこと、お姉さんになったのね、とじーんとしました。

    赤ちゃんだった妹が、少しずつ大きくなってきて
    姉と、妹との、関わりが出てきた今日この頃。
    そんなときに、やさしいおねえちゃんのできごと。

    そんな思い出と、一緒に、心に残る一冊になりそうです。

    ちいさいお姉ちゃんに、ぴったりの絵本です。

    掲載日:2010/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙が出そう

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    「あさえとちいさいいもうと」に続いて読みました。
    ちょっと成長した二人。今度はあやちゃんが入院して手術することに。
    お母さんは付き添いで病院に行ってしまい、お友達のひろちゃんも帰ってしまってあさえは一人ぼっち。
    雷まで鳴り出して、お父さんが帰ってくるまでのあさえの不安な気持ちを思うとせつなくてたまりませんでした。
    うちの下の娘も生まれてから1年で3回も入院したので、きっと上の娘はあさえと同じ気持ちを味わったに違いありません。
    「たった一晩で本当に大きなお姉さんになったのね」というお母さんの言葉には、思わず涙が出そうになりました。
    無邪気なあやちゃんの様子も本当にかわいらしい。
    今まで名作だと知りながら読まずにいたのですが、やはり2冊まとめて我が家の本棚に迎えたいと思います。

    掲載日:2010/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族愛

    • ニコラ☆さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子1歳

    妹あやちゃんが入院して、お母さんとも一緒にいられず寂しい思いをしているのに
    妹を元気づけようと、妹が一番笑顔になるプレゼントをお見舞いに持っていく優しいお姉ちゃん。

    離れて初めて分かる、家族愛や姉妹の成長に感動します。

    ひとりでお留守番をしたり、家であやちゃんのことを心配したりして
    お母さんもあさえがとても心配だったと思います。

    でも、私も子供のこんな風に大きく成長した姿を見れると
    苦労も吹き飛びます。

    最後、病室で見せるあさえとあやちゃんの笑顔がすごく素敵です。

    掲載日:2010/03/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いもうとのにゅういん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / どうぞのいす / バムとケロのおかいもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


葉祥明さんの描く不朽の名作

全ページためしよみ
年齢別絵本セット