モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

いもうとのにゅういん」 大人が読んだ みんなの声

いもうとのにゅういん 作:筒井 頼子
絵:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1987年02月
ISBN:9784834001617
評価スコア 4.8
評価ランキング 270
みんなの声 総数 126
「いもうとのにゅういん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 点滴に憧れて

    初めて読んだのは私が幼稚園のときです。
    これまで読んだ絵本の中で一番印象的で、絵本と聞けばこの本が思い浮かびます。

    私自身は男兄弟しかいませんし、幸いなことに兄弟が入院した経験もありません。にもかかわらず、大好きな絵本です。

    このお話のどこが好きだったかというと・・・
    ずばり、入院している場面です。なかでも点滴しているあやちゃんに憧れていました。手に残った点滴の跡が魅力的でした。
    この場面に影響されて、点滴している女の子の絵ばかり描いていたことを覚えています。
    少々変わった子供だったかもしれませんが、6歳前後の私の記憶です。

    姉妹で色違いのワンピースを着ているところや、ほっぺこちゃんにも夕食が用意されているところ、プレゼントの包み紙の柄がかわいいことなど、隅々までよく見てました。

    もちろん内容も子供心に響きました。あさえに影響されて、病気でもない弟に、当時一番大事にしていたぬいぐるみをあげました(後になって返してもらいましたが)。

    兄弟ってけんかもするけれど、やさしくしてあげたい、喜ばせてあげたいとも思っているものですよね(うまく表現できないだけで)。
    それを教えてくれた絵本だったと思います。

    大人になってから読み返したら・・・
    お姉ちゃんの気持ちが痛いほど伝わってきて、こんなふうに子供の気持ちを包み込めるお母さんになれるだろうかと思って、涙が出ました。

    娘に読んであげられる日が楽しみです。

    掲載日:2010/03/16

    参考になりました
    感謝
    3
  • 少し大きくなった2人

    あさえちゃんと妹のあやちゃんの物語。
    妹のあやちゃんがある日盲腸になって入院することになりました。
    お母さんは一緒に病院に行ってしまい、一人で留守番するあさえちゃん。
    心細い心情がとてもよく表現されています。お見舞いに行く用意をし、妹のあやちゃんが本当に喜ぶことって何だろうと真剣に考える様子が胸を打ちました。
    そしてお見舞い当日、あさえちゃんのお見舞いの品にあやちゃんは大喜び!自分の大切にしていたものを病気の妹に譲るやさしさに感動します。最後の裏表紙にあやちゃんが大事そうに一緒に寝ている姿が可愛いです。
    姉妹のお互いを想う気持ちが感じられて、感動しました!

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつもなら 妹とけんかする 姉妹。 大事なお人形を貸してあげたくない気持ちなんです。
     こんなあさえちゃんが 妹が急に入院することになって
    ママは妹につきっきり お姉ちゃんは我慢するんですね、一人でお留守番 淋しくて 悲しくて パパの帰ってくるまでベットに潜って待っている心境が 分かりますね!
    ほっぺこちゃんが唯一頼りなんです。(大事なにんぎょう)
    かわいそうになります
     
    妹のお見舞い折り紙を作って持って行ってあげる優しさ
    お姉ちゃんだからこその 優しさですね!
    我慢したり 妹のこと考えてあげたり 姉妹はいいものです
    姉はどうしても我慢することが多いので 大人になって心優しくなるのですね(私の場合も姉は優しいのですよ)

    妹に 大事なほっぺこちゃんをあげてしまうの。          
    本当にずいぶんお姉ちゃんなって・・・・お母さん・お父さんのの愛情を受けているからこんなに優しくなれるのだと思いました  こうして 成長していくのですね
    けなげな お姉ちゃんがいとおしく思えました。
    妹が 元気になって退院したらまた けんかするかな?
    そんな兄妹であってほしいと思います(産まれた環境で人間は立場が違うのですね。  

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • あらためて感じる想い

    • マヨコさん
    • 30代
    • その他の方
    • 神奈川県

    弟や妹がいるお兄ちゃん、お姉ちゃんて、
    とてもしっかり者で、そして人一倍に優しいんだなあ…と、
    この絵本を読んでみて、あらためて感じました。

    私にも兄がおりますが、子どもの頃はケンカも多く
    『お兄ちゃんてすごく意地悪、嫌いだ!』
    …なんて、ケンカするたびに思ったりしていました。
    それでも、私が風邪をひいて熱を出したり、病気で入院したときには
    私のために大好きなお人形やぬいぐるみを家から持ってきてくれたり、私が好きな漫画本を持ってきてくれたり、
    優しくて思いやりのある一面を見せてくれたこともありました。
    ケンカをすることがあっても、妹の私にはいつも優しくて、
    大好きで自慢だった私の兄。

    絵本の中の、あさえの妹に対する優しい想い。
    どことなく子どもの頃の兄によく似ているなぁ…と、
    この絵本を読むたびに、私はいつもそんな子ども時代を思い出します。

    【いもうとのにゅういん】

    兄弟、姉妹って、本当にいいものだな…と思えるような、
    とても優しい気持ちにさせてくれる、素敵な一冊です。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • お姉ちゃんの優しさ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    『あさえとちいさいいもうと』の続編、といったところでしょうか。
    あさえが幼稚園から帰ってくると、お母さんは妹のあやちゃんを病院に連れて行くところだったのです。
    しかも、あやちゃんは入院することになり、あさえは不安な時間を過ごすのです。
    お姉ちゃんとしてのあさえの心の動きがよく伝わってきます。
    なにより、妹への思いやりが伝わってきて嬉しかったです。
    このような状況の場合、どうしても妹の方ばかりに気持ちがいってしまいますが、
    やはり、兄弟もフォローしてあげないといけませんね。
    これは、下の子が生まれた時も一緒ですね。
    親として、そんなところも気付かせてくれます。
    ある意味よくある光景ですが、こうやって作品として読むと、
    たくさん共感できるところがあり、あらためて、ありがたい、と思いました。

    掲載日:2010/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 支えられたこの時間があったから…

     『あさえとちいさいいもうと』から5年後の作品ですね。
     あさちゃんもちょっとお姉ちゃんになっていましたが、あやちゃんはおしゃべりも上手になっています。

     “お気に入りの世界”に立ち入られると、家族でも許せないお年頃のあさえちゃん。
     でも、あさえちゃんの怒り方は、綺麗な言葉遣いです。
     (ちょっと反省する私です。)
     お友だちを連れてきたのに、妹の急病のため留守番を頼まれます。
     日も暮れてきて、お友だちが帰ってしまった後のベッドへ潜り込み、不安と心細さがのため体を丸くしているページに、頑張れ!って声をかけたくなります。
     
     “ほっぺこちゃん”に支えられたこの時間があったから、お見舞いのプレゼントが決まったのではないでしょうか。

     おかあさんの言葉がいいですね〜。
     あやちゃんに気持ちも体力も費やしているのに、あさえちゃんのおかあさんであることを忘れていない。
     いいおかあさんですねぇ〜。

    掲載日:2010/02/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いもうとのにゅういん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / どうぞのいす / バムとケロのおかいもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット