だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

お化けの冬ごもり」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

お化けの冬ごもり 作:川端 誠
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年12月
ISBN:9784776400363
評価スコア 4.48
評価ランキング 7,044
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 最後に注目

    おばけ大好きな長女に借りてきました。この絵本に出てくるおばけたち、人間っぽいんです。雪かきしたり、かまくら作ったり(笑)かまくらの中にろうそくを何本も灯すとこなんかは、本当に素敵。でも、そこで雪入道がやってきて。最後のページは長女と「あれ?」なぜかはぜひ読んでみてください。笑ってしまいますよ。あと、雪童子の目にも注目!

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬でも会いたい!

    少し前にハマった川端さんの『お化けシリーズ』。
    寒くなるまで待って、ようやく最後の一冊を読みました☆

    お化けなのに、娘はまるで、知り合いにでも会ったかのような歓迎ぶり(笑)
    とにかく、すごく魅力的なお化け達で、怖いどころか、逆にほのぼのします。

    今回は、夏に雪だるまを送ってくれた‘雪おんな’の登場!
    こたつアリの、雪合戦アリの、かまくらアリの、冬満喫のお話でした。
    冬でも、やっぱり会いたいお化け達です!!

    掲載日:2012/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪国の生活がよくわかって楽しい

    大入道とか、ろくろっくびとか、雪女とか、詳しい子は、これ!とすぐにわかるのでしょうが、我が家の子は、おばけには詳しくないので、ページをめくるたびに、
    「大入道ってどれ?」
    「ろくろっくびって何?」
    と不思議そうな顔の息子。
    でも、おばけに詳しいかどうか、興味があるかどうか、そんなことは関係なく、楽しめる絵本です。
    雪国の楽しい生活がいっぱいです。かまくらなんて見たこともない、こんな雪合戦なんてしたことのない私たちにとっては、こういう雪国の生活に触れるだけでも新鮮です。
    特に、かまくらの中から見る、ろうそくいっぱいの雪景色、しんしんと降る雪の様子がよくわかって最後まで楽しめました。

    掲載日:2008/08/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「お化けの冬ごもり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット