だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

天動説の絵本」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

天動説の絵本 作・絵:安野 光雅
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1979年08月
ISBN:9784834007510
評価スコア 4.88
評価ランキング 28
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 真理を手に入れるために

    安野光雅さんの絵本は、どれも奥が深いですね。
    絵もとても素敵で、中世の欧州らしさがぷんぷん香っています。

    この本は、「天動説」の絵本です。
    中世、人々が考えていた世界観。
    星も太陽も天球にあるモノはすべて地球の周りを回っている。
    天を動かしているのは神様。
    病気や災害など人々に災厄をもたらすのはすべて悪魔、魔法使いの仕業。
    ・・・このような時代のこと。

    現代人は、これらの考え方が非科学的で迷信だ、ということはみんな常識として知っています。
    コペルニクスもガリレオも、地動説を唱えた人々は当時の権力者から迫害されたことも。

    でも、この本を読むと、当時の人々にとって地動説がどれだけショッキングな話であったか、自分の足元が揺らぐ思いだったことかが、理解できます。
    そんななかで、いろんな証拠が少しずつ明らかになってきたことで(例えばフーコーの振り子)、徐々に地動説が本当であることが人々にも理解されるようになってくるんですね。

    あとがきに記された安野さんの言葉。
    「今日の私たちが、私たちにとっての真理を手に入れるために、天動説の時代はどうしても必要だったのです」
    ものすごく納得できました。
    ページをめくるたびに変わっていく地面の姿、これは人々が天動説から地動説へと真理を手に入れる過程を表しているのでしょうね。

    とても深い内容の絵本です。
    地球、宇宙について一通り学校で習った後にこの本を読むと、より深く理解できるのではないでしょうか。
    大人の方にもお勧めです。

    掲載日:2010/12/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「天動説の絵本」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / ちっちゃな おさかなちゃん / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / からすのパンやさん / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット