ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

天動説の絵本」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

天動説の絵本 作・絵:安野 光雅
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1979年08月
ISBN:9784834007510
評価スコア 4.88
評価ランキング 28
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • わかりやすい天動説

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    ナビのポイントがたまり
    息子たちとどの本にするか相談して決めました。

    長男が以前に読んだ時は、まだ世界史的な視野からの興味は少なくて
    昔こういうことがあったという物語的な感想だったと思います。
    今回、長男が欲しいと思った理由は「天動説」と「地動説」への興味からで、
    最初の物語部分だけでなく、最後の解説まですっかり理解できる年齢になったことに、親として時の流れを感じました。

    絵本のカテゴリーを超えない物語性がありながら、
    地動説だとなぜつじつまが合わなくなるかということを、
    歴史・科学的事実を織り交ぜながら、わかりやすく説明してるところがいいです。
    安野さんの絵が芸術的なところも素晴らしいです。

    家庭の本棚において長く読める一冊だと思います。

    掲載日:2010/06/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「天動説の絵本」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / ちっちゃな おさかなちゃん / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / からすのパンやさん / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット