うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

天動説の絵本」 大人が読んだ みんなの声

天動説の絵本 作・絵:安野 光雅
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1979年08月
ISBN:9784834007510
評価スコア 4.88
評価ランキング 28
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 常識の変化

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    天動説が常識と思われていた頃のお話です。
    今となっては常識的なことも昔は非常識であり、人と違う考えを持っているだけで「悪」とみなされる時代があったんですよね。
    それでも真実を追い求め、新しい発見をしていった人たちがいたことで、世の中は少しずつかわっていったのでしょう。
    その少しずつの変化が絵本の中、地球の形にも表れています。

    子供の頃、地球の裏側の人たちは何故落っこちないんだろう?とか、地面に穴を掘っていったら地球の裏側に出られると思っていたのを思い出しました。
    そもそもこの大きな地球が浮いていること自体不思議なこと。
    その地球が回っていることの不思議さや凄さを、昔の人たちと同じように子供にも感じて欲しいと思いました。

    掲載日:2009/04/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 手放せない美しい絵本

    • PDさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子8歳

    安野さんと言えばふしぎな絵ということで、子供の頃はこれも安野さんの空想だと思って見ていました。
    今では地動説が当たり前ですが、この本を見ているうちに当時の人たちの気持ちになっていきます。
    確かに少し子供には難しいかもしれませんが、私自身も子供の頃、意味はよくわからずともなぜか手放せない絵本でした。
    意味をわからずに絵を眺めているだけでも、充分価値のある美麗な絵本だと思います。

    掲載日:2008/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「天動説の絵本」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / ちっちゃな おさかなちゃん / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / からすのパンやさん / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット