あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

おじぞうさん」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

おじぞうさん 作・絵:田島 征三
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1988年09月
ISBN:9784834007442
評価スコア 4.42
評価ランキング 8,321
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 風が吹けば桶屋が儲かる式の田島ワールドです。
    スピード感たっぷりで、意外感もあって、回り回って落ち着くところに落ち着く、ループ的な連鎖の展開に大笑いです。
    寝しょんべんぼうずが、牛のしょんべんを浴びて寝しょんべんが治るまでのどたばたは、願掛けにお詣りされたおじぞうさんが、お供え物の団子によだれを流したのが出発点。
    最初のだんごは、話の流れとは別に犬が食べてしまったようです。
    でも、寝しょんべんが治ったお礼にたくさん供えられただんごは…?
    27ページでさりげなく登場する犬と、次のページで雛たちにだんごをどっさり持ち帰ったからす…。
    この2ページの間にどんな展開があったのでしょうね?
    この絵本は最後まで楽しませてくれました。

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力のある絵

    • びえんさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、女の子4歳

    上の娘が友達(男の子)から「これおもしろいよ。」と紹介されたので、
    図書館から借りてきました。

    まず迫力ある表紙にびっくり。
    おうめばあさんが、
    「まごのじろっぺのねしょんべん、なおりますように」と
    願をかけたところからはじまって、奇想天外なストーリーに
    方言が難しく、最初に読んだとき、娘たちはぽかーんとしてました。
    でも、終わるとくすくす笑ってもう一度とリクエスト。

    うまく読むには、読み手の練習が必要ですが、
    迫力のある絵とおもしろいお話で、おすすめなのも納得。
    ふだんかわいらしい絵の本に目がいきがちだったのが、
    男の子の紹介でこんなにおもしろい本に出会ったことが
    またうれしかったです。

    掲載日:2008/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おじぞうさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / くだもの / からすのパンやさん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

全ページためしよみ
年齢別絵本セット