ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

おひさまとおつきさまのけんか」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

おひさまとおつきさまのけんか 作・絵:せな けいこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\880+税
発行日:2003年07月
ISBN:9784591077702
評価スコア 4.37
評価ランキング 9,882
みんなの声 総数 40
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ただのけんかじゃないんです

    • ミモザさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳

    親子でお気に入りのせなさんの作品なので、手に取ってみました。

    ささいなことがきっかけで、けんかになった太陽と月。
    ほんとにこんなことになっちゃったら大変です。

    ちょっと、せなさんの他の作品とはテイストが違いますね。
    そのメッセージ性に、大人はゾッとしちゃいましたが、子供はそこまでピンときてないようでした。

    もう少し大きくなったらわかるかな。また読みなおしてみようと思います。

    掲載日:2013/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • とりかえしのつかないこと

    きっかけは些細なこと。
    原因よりも、問題は売り言葉に買い言葉。
    そして、事態はどんどん大変なことに。。。

    これは、地球レベルの話。
    でも、日常にも十分当てはまります。
    学校や組織の中で、友達やグループの中で、
    家族の中でも気をつけなければいけないこと。

    このお話の結末は悲劇。
    そうならないためには、どうすれば良かったのか。
    娘と一緒に
    双方の立場から考えて、掘り下げてみようと思います。
    対人関係が難しくなってしまった世の中。
    できる限り
    『とりかえしのつかないこと』にならないためにも・・・。

    掲載日:2011/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキしました

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、女の子5歳

    これって小さい子向き??と、思ってしまうくらい
    テーマが奥深い内容でした。
    上の子は最近のニュースなどを理解できているので
    この本のどうすればいいのか、を理解できたようでしたが
    下の子はただ怖いお話と、思ったようでした。
    その気持ちをもってくれただけでも、よかったかな〜。
    結末が悲しく思ったようでした。

    掲載日:2008/04/29

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おひさまとおつきさまのけんか」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット