モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

おひさまとおつきさまのけんか」 大人が読んだ みんなの声

おひさまとおつきさまのけんか 作・絵:せな けいこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\880+税
発行日:2003年07月
ISBN:9784591077702
評価スコア 4.37
評価ランキング 9,882
みんなの声 総数 40
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おどろきの展開!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    おはなし会で
    先輩が読んでくれました

    「月」のテーマで選書していただいたのですが
    私は、せなさんの
    大好きな「おばけ」シリーズの
    ような感じと捉えて
    聞いていました

    ところが・・・

    違うんです!
    大変なんです

    けんかがけんかでは
    すまされない・・・

    いつも見ているおひさまとお月様では
    ないよね?
    この地球のお話ではないよね?

    こどもだけでなく
    そう大人も確認したくなる感じです

    掲載日:2011/10/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 私は自分の子どもには読みたくない。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    皆さん評価の☆が結構高いですね〜。
    作品的に悪くないと思うし、さすが「せなさんだな〜」と思うところは多々ありますが、
    例えばせなさんがこの絵本で「戦争」の醜さや「戦争のために壊れてしまうもの」を取り上げたいんだとしても、
    こういう作り方で、小さなお子さんたちに
    (人間の心の醜い部分を)あえてぶつけなくてもいいんじゃないかなぁと、思いました。

    こういうテーマで絵本を作られるなら、もっと高学年向けにするとか、大人向けにするとか、手段はいくらでもあると思うんですよ。
    あえて、小さなお子さんたちが手に取るような作品として形にするのはどうなんでしょうか?
    こんな悲しい終わり方の絵本を私は自分の子どもには読みたくありません。

    掲載日:2011/06/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • たいへん!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    おひさまとおつきさまがけんかしてしまうお話。
    おひさまとおつきさまがけんかしたらとってもたいへんですね。この世界のお話ではないのでしょうがその後、仲直りはできなかったのかな?
    争いってけんかってやっぱりしてはいけないなと考えさせられる絵本でした。
    楽しいだけの絵本ではなく、こういう絵本も幅広く子供に読んであげたいです。

    掲載日:2014/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • どちらかというと

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    どちらかというと、平和を考えるお話ですかね・・・・
    お月さまの季節の読み物ではないような気がします

    いつものせなさんの愛嬌のあるきり絵とは違う、月がとても怖い「目」をしてました

    平和な地球は未来の子供たちのものです
    平和への第一歩は小さなころから、暴力や戦争に対する正しい知識が必要なのでは・・・?
    まずは大人が見本を示さなければなりません
    この絵本を読みながら、そんなことを感じました

    掲載日:2011/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • このお話は おひさまとおつきさまが けんかするのですが・・・おひさまの怖い顔 時計見てる 遅刻した おつきさまを許せなかったのね
    おひさまは いばりすぎかも
    「正義の戦争?」
    しかし この絵本は 今の人間たちへの警鐘かも?
    今地球上のどこかで戦争が起こっている・・・
    正義の戦争と思っていつのかも  人は 自分の方が正しいと思いがちですね
    だから お互いに 主張し合い争う

    私たち地球の事では ないよね まさか まさか まさかねーーーー。

    この言葉が 何かしら意味深ですね
    先日の地震も 地球は 大変ですが 生きている人間 生きている地球
    おひさま 月を感じました 
    子供の絵本としては さらりと読めばいいのかもしれないのですが・・・

    なかなか 重みを感じる絵本でしたよ
    せなけいこさんは どんな思いでこの絵本を描かれたのでしょうね?

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 戦争

    喧嘩をしたおひさまとおつきさまのお話です。

    喧嘩を繰り返していくうちに、戦争にまで発展してしまいます。

    子ども向けの絵本ですが、戦争はよくないという事を絵本を通して教えてくれる気がしました。
    どちらかというと、子どもたちには戦争よりも喧嘩の方が身近なので、ちょっと日常とかけ離れているかも!?と思いました。

    掲載日:2008/06/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おひさまとおつきさまのけんか」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット