ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

時計つくりのジョニー」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

時計つくりのジョニー 作:エドワード・アーディゾーニ
訳:あべ きみこ
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1998年
ISBN:9784772101479
評価スコア 4.73
評価ランキング 913
みんなの声 総数 32
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 他人事で済ませてはいけない本だと思います

    この本を読んでいて、目頭が熱くなったのです。
    時計作りを夢見るジョニーの健気さだけではなく、周りの状況に。
    子どもの希望、能力を理解しない親。
    この姿が子どもの可能性をつぶしていくのでしょう。
    子どもを理解しない教師。
    教師の配慮のない言葉で、ジョニーは周りからいじめに会うことになります。
    そして、この姿が現実なのです。
    この絵本を読んで、自分を省みない親、教師がいるとしたら失格だと思います。
    そんな思いで、少し過剰反応してしまいました。

    親に邪魔されても、理解されなくても時計作りをやり遂げたジョニーは立派です。
    でもこの本は、親に反対されても周りに邪魔されてもやりぬくことといった解釈で子どもに伝えるとしたら欺瞞です。
    ジョニーだから出来たのです。
    ジョニーにしてもスザンナという理解者がいなければつぶれていたでしょう。
    自分たちは子どもを理解する側にしっかり立たなければいけないと思いました。

    この本はアーディゾーニが孫のスザンナのために書いた絵本だそうです。
    彼はスザンナにこのように育ってほしかったのでしょう。

    この本は子どものための絵本です。
    子どもたちにはジョニーやスザンナの素晴らしさとともに、理解のない親や心ない先生への批判も伝えましょう。
    そして、自分の両親や先生はこんなじゃないと言ってもらえたら、それは素晴らしいことです。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「時計つくりのジョニー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / くだもの / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット