となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …

とってもふしぎなクリスマス」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

とってもふしぎなクリスマス 作:ルース・ソーヤー
絵:バーバラ・クーニー
訳:掛川 恭子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1994年
ISBN:9784593503186
評価スコア 4.36
評価ランキング 10,237
みんなの声 総数 10
「とってもふしぎなクリスマス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんなサプライズは嬉しいかも

    クーニーの絵が好きなので、図書館で検索していたら、クリスマス関係の本が多いなあと思ってみていました。

    なんとこれは、ルイス・ソーヤーが文、クーニーとのコンビでどんなお話だろうと期待感大でした。

    ルイス・ソーヤーが有名なストーリーテラー知ったのはまだ最近のこと。

    「ジョニーのかたやきパン」という作品のみしか読んだことはありません。

    このお話、チロルの昔話の再話なんですね。

    あまり予備知識もなく読んだら、このお話、テレビの「おはなしのくに」だったか人形劇で見たことがありました。

    正確に言うと家事をしながらのながら見だったので、内容はよく覚えていなかったのですが、靴屋のお父さんが「シュニッツル、シュノッツル、シュノーツル」という繰り返しの言葉を覚えていました。

    途中は子どもしかいない所へ、こんな横柄な小人が来たら最悪というか怖いかもなんて思って読んでしまいました。

    クリスマスは奇跡が起こりそうな日。風変わりですが、こんなサプライズは嬉しいかもしれないと思いました。

    クーニーの絵もよかったです。

    掲載日:2010/01/04

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「とってもふしぎなクリスマス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



入園入学シーズンには、『ともだち』をオススメしています。児童書のプロに聞く!

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット