ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

フリーフォール」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

フリーフォール 作・絵:デイヴィッド・ウィーズナー
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,360+税
発行日:1994年
ISBN:9784892388484
評価スコア 4.25
評価ランキング 13,966
みんなの声 総数 11
「フリーフォール」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 何度も読み返して欲しい作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1956年生まれのデイヴィッド・ウィーズナーの1989年のコールデコット賞オナー賞受賞作品。
    彼は、他に2002年「3びきのぶたたち」2007年「漂流物」でコールデコット賞を、1992年「かようびのよる」2000年「セクター7」でコールデコット賞オナー賞を受賞しています。

    この絵本には、文字がありません。
    他のデイヴィッド・ウィーズナーの文字のない作品は、絵が物語ることが実感でき、絵本本来の魅力を存分に味わうことが出来きたのですが、一寸展開が難解な感がありました。
    作/セーラ・L・トムソン、絵/ロブ・ゴンサルヴェスの「どこでもない場所」「真昼の夢」「終わらない夜」のコンセプトと似通った作品です。

    お話は、主人公の僕が、本を読んでいる途中で寝入ってしまったシーンから始まります。
    パッチワークの掛布団が、山の斜面の模様になり、それがチェス板になって、チェスの駒が人となり動き出します。
    そこに僕は、パジャマのまま登場し、冒険の始まりです。
    宮殿の壁面が竜に変化したり、階段が本になったり、山がクロワッサンになったりとその発想は、デイヴィッド・ウィーズナーならではのもの。
    最後のページに、夢に登場したものがあちこちに置かれていて、思わず何度も読み返してしまいました。

    話の展開が急のため一寸難解なので、面白さに到達するのに時間がかかるかも知れません。
    ページ数がもっとあれば、話の繋がりが容易に出来るので、その点が残念ですが、デイヴィッド・ウィーズナーワールドが堪能出来る作品です。

    掲載日:2011/04/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「フリーフォール」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / そらまめくんのベッド / てぶくろ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット