だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ロージーのおひっこし」 大人が読んだ みんなの声

ロージーのおひっこし 作:ジュディ・ヒンドレイ
絵:ヘレン・クレイグ
訳:まつかわ まゆみ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年04月
ISBN:9784566007574
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,680
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お人形たちの視線がロージーを追いかけ

     この季節にお薦めです。

     自分で新しいおうちを見つけるために、お気に入りのお人形やらを可愛い車に詰め込んで、ロージーのお引越しの始まりです。

     とにかくロージーの台詞がオシャマさんで、ママの言葉をよ〜く聞いているんだなと思いました。
     素敵な新居のお掃除をする様子も、お部屋を飾る様子も、ママがしているとおり真似ているのかな?なんて笑いながら読みました。

     お友だちが尋ねて来易いように、道に印しをつける心配りも可愛い。
     そして、素敵な素敵なお友だちがたくさんやって来て、・・・。
     ここから、ぐっとファンタジックな雰囲気になりますねぇ〜。

     私がこの作品で一番惹かれたのは、ロージーがお引越しで連れて来たお気に入りのお人形たちの視線が、とのページでもロージーを追いかけているところです。
     小さいお子さんは、気づくでしょうか?

    掲載日:2011/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 明るい

    主人公の明るい性格がしっかりと表現されている描き方が気に入りました。主人公が自分の気持ちをしっかり持っていて前向きに行動するところが素晴しいと思いました。特に人を迎え入れる為の準備を入念に楽しみながら行うのが素晴しいと思いました。魅力的な物が沢山ある主人公の家が魅力的でした。

    掲載日:2010/08/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ロージーのおひっこし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / フリードリヒばあさん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / はらぺこあおむし / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット