語りかけ絵本 いちご 語りかけ絵本 いちご 語りかけ絵本 いちごの試し読みができます!
文・絵: こが ようこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
絵本での語りかけの様子がわかる動画も見られます!

ちいさいおうち」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ちいさいおうち 作・絵:バージニア・リー・バートン
訳:石井 桃子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1965年12月
ISBN:9784001105537
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,361
みんなの声 総数 161
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やはり心に染みるいい絵本

    これは言わずもがなの名作で、
    私が小さいころ、とても大好きだった絵本。
    そろそろ購入しようかと思い、図書館で借り、
    3歳なりたて息子に読んでみました。

    初版は1942年なんですね。
    それでも良さは色あせないです。
    なんていうか、自然に対するまなざしがとてもいい。
    この本で、私は四季の美しさ、夜空の美しさを知りました。
    子どもたちにとって小川や池の楽しそうなこと。

    それが、工業化によって、どんどん都会化していく…。
    絵自体がどんどんグレーになっていきます。
    息子は、ここで大好きな車、電車、地下鉄などが出てきて、
    うれしかったようなんですが。

    現在の息子にヒットしたのは、小さい家をトラックで引いて移築する場面。
    これには結構興奮していました。

    最後、また田舎の美しい丘に移築されるのがよかったです。
    でも、ここには池と小川がなかったのが、昔から私はちょっと残念でした。

    やはり心に染みるいい絵本でした。

    掲載日:2014/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい絵本です

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    恐らく、子供が読んでも大人が読んでも、心に残る名作だと思います。
    大人は色々な思いでこの絵本を読むでしょうし、子供はこの少し難しい物語の何かを心に掴む、そんな魅力的な絵本だと思います。
    大人の視点から見ると、考えなくてはならない社会問題をストレートにぶつけられているような印象を受けます。
    子供からその子供へ、時代を受け継いでいくにあたって、自分は果たして何ができるのかな?そんなことを考えされられた絵本でした。

    掲載日:2013/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考える

    • EMRHさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    長いお話ですが、子供も良く聞いています。
    大人でもじっくり読んで考えさせられる絵本だと思います。
    時代の移り変わり等を考えます。

    掲載日:2011/07/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ちいさいおうち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / よるくま / ちょっとだけ / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「学研の幼児ワーク」<br>編集者・工藤香代子さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット