アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ちいさいおうち」 大人が読んだ みんなの声

ちいさいおうち 作・絵:バージニア・リー・バートン
訳:石井 桃子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1965年12月
ISBN:9784001105537
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,697
みんなの声 総数 162
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

23件見つかりました

  • 名作!!

    このお話は、ディズニーのショートフィルムで再会しました。
    子供のころにも1度は読んだことがあったと思うのですが、この時代に大人になった今見てみると、改めてとても考えさせられるものがあり、途中切なさで涙が出るほどでした。
    絵本版も改めて…と思い手に取りましたが、やっぱり素敵な絵本だと思います。
    ちいさなおうちを中心に変化していく絵も美しいし、季節や時代の変化にはっとさせられます。
    結末もとても穏やかで、余韻に浸ることができます。
    とてもやさしいお話なので、子どもにもぜひ読んでほしい。
    子どもも大人も、世代によってそれぞれ楽しめる絵本だと思います☆

    投稿日:2010/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの頃から

    小学校の学級文庫にあったこの作品。
    何度も何度も読み返し、とっても欲しかったけど絵本はなかなか高価で買ってと言えませんでした。
    暗記するくらい読んで、ちいさいおうちが都会に憧れ失望し、また自然に帰っていく姿がとても印象的です。
    大人になり、自分で絵本を買い始めたときに真っ先に探し英文と両方揃えました。


    ちいさいおうちがニッコリ笑っているように見えますよね?

    投稿日:2010/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ずっとそこにいてくれるもの

    • 14日さん
    • 20代
    • その他の方
    • 兵庫県

    あさになると、お日さまがのぼります。
    ゆうがたには、お日さまがしずみます。
    きょうがすぎると、またつぎの日がきました。
    けれど、きのうときょうとは、いつでもすこしずつちがいました……
    ただちいさいおうちだけはいつもおなじでした。

    ちいさいおうちを取り巻く環境が「いなか」から「まち」に変化していっても、ちいさいおうちはずっと変わらずそこにありました。


    「ずっとそこにいてくれるもの」ちいさいおうちのような、そんな存在がいるとどんなに嬉しいでしょう。どんなに心強いでしょう。

    私にもそんなちいさいおうちのような存在が欲しくなりました。
    また私自身もそんな存在になってあげたいと思いました。

    この絵本にはそういう意味合いは本来ないのかもしれません。
    でもわたしはそう感じ、なんだか嬉しい気持ちになれた一冊です。

    投稿日:2009/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 哀愁があって好きです

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    大人の私が気に入りました。私が都市部の郊外で周囲の開発の様子を見ながら育ってるので、
    この本の小さな家の気持ちに本当に共感しました。
    ビルのある町もいいけれど、田舎臭さも落ち着くという家の気持ちがとてもよくわかります。

    この本で流れていく時の流れに哀愁を感じました。

    子供の頃に読んで、大人になって読み返したらまた味わえるような
    長く読める本だと思います。
    大きさが2種類出版されてますが、大きいほうが味わいがあっていいなあと思いました。

    投稿日:2009/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心にしみるお話

    会社員だったころ、朝の通勤ラッシュで、ふと、
    このままどこかに行きたくなった事を思い出しました。

    時間がゆっくりと流れる田舎の風景、
    それが都会の風景になり、動きが早くなっているにもかかわらず、
    時間が止まっているような感じがしました。
    ちいさなおうちがまた田舎の風景に移ったときに、
    世界は色を持ち、時間が流れ始めたような気がして、
    なんだかほっとさせてくれる作品でした。

    投稿日:2009/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然を感じる幸せ

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    静かな田舎に建てられた丈夫でちいさいおうち。
    四季の移り変わり、自然の美しさを感じながらそこにずっと建っていたのですが、時が経つにつれ、周りの状況が変化していきます。

    都市開発が決して悪いというわけではありません。
    でもだんだん楽しみもなくなり、誰からも手入れしてもらえなくなっていくこの家を見ていると悲しくなってきました。
    このままなくなってしまうのかと不安になりましたが、想像をいい意味で裏切り、この家は人間の優しさに救われます。
    何だか読んでいる自分も救われた気がしました。

    人間は生きていくために環境をどんどん変化させていきます。
    でもそんな中でも時にはゆったりとした気持ちで自然を感じ、四季の移り変わりを楽しんでいけたら幸せなのではないかと思いました。

    投稿日:2009/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 町がかわいそう・・・

    ちいさいおうちを取り巻く環境が
    あまりにも美しくゆったりと描かれているので
    トラックがやってきたところは踏みにじられたような
    悲しい気持ちがします。
    ただ、確かに町というところはこんな風かもしれませんが
    描かれ方が厳しくてなんだか町がかわいそうに思います。

    投稿日:2009/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙のインパクト

    表紙を見て「この絵本、子どものころに読んだことがあるな。」
    と、直感。でも、読んでみると、内容は記憶には残っていませんでした。(どうして?)
    でも、確かに表紙のちいさいおうちは私の心の中にあるのです。


    何度も読み返すうち、気づいたのです。
    私自身が、都会の真ん中にあるちいさいおうちが目に入らずにいる人間たちと一緒だったのですね、きっと。今をあくせく生きるのに一生懸命で、何が一番大切なことなのか忘れかけていたのだと思います。


    絵本「ちいさいおうち」はわたしのそんな戻るべき場所・大切なものを思い出させてくれた1冊です。

    私のような、忙しく働いている大人の方にも読んでいただきたい絵本です。(反省をこめて)

    投稿日:2008/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 流れていく時代を感じました

    いなかのしずかなところにおうちがありました。
    このじょうぶなうちはずっと変わらずにたっていた。
    周りがどんどん変わっていったけど・・・・・

    おかのまわりの風景が昔どこにでもあったんだろうなあと
    いう感想でした。
    春がきて、夏がきてその式の移り変わりが
    色鮮やかで心がいやされるようです。
    時代が過ぎていくにつれ、道路ができて
    店が増えて変わっていく様子には
    どこか寂しさを感じずにはいられません。
    そうやって自然が壊されていったんだろうなあと
    悲しくなります。
    地球上の緑が減ってきて、砂漠化している
    場所もあるのもうなづける気がします。

    この本を通して、便利になること
    自然を壊していくこと、何が大切なのか
    子供にも考えてほしいと思いました。

    投稿日:2008/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時は流れ・・・

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    むかしむかし、ずっと田舎の静かなところに、小さいお家がありました。小さいお家は、丘の上で、たいへん幸せに暮らしました。まわりの景色は、たいへんきれいでした。
    小さいお家は、いつまでも、ずっと小さいお家のままでしたが、周りの様子は、どんどんどんどん変わっていったのです。
    時の流れを、一日の変化や、月の満ち欠け、そして、季節の移り変わりなど、いろいろな表現で表しているので、実感できることができました。細かいところまで、気を配った描き方、さすがだなと思いました。町が変わっていく様子も、たいへんわかりやすく、そのなかでの小さい家の存在は、その時代時代で、いろいろなことを考えさせてくれました。色使いも優しく細やかで、すばらしい世界を提供してくれました。

    投稿日:2008/08/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ちいさいおうち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / よるくま / ちょっとだけ / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

全ページためしよみ
年齢別絵本セット