だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

こぐまちゃんとどうぶつえん」 大人が読んだ みんなの声

こぐまちゃんとどうぶつえん 作:わかやま けん
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1970年
ISBN:9784772100229
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,077
みんなの声 総数 123
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 動物たちの観察

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳

    こぐまちゃんと一緒に、動物園を体感してみましょう、といったテイストの作品です。
    こぐまちゃんは両親と一緒に、しろくまちゃんも誘って動物園に行くのです。
    おててをつないだこぐまちゃんとしろくまちゃん、遠足のワクワク感が伝わってきます。
    二人の会話で、さあ、動物園の動物たちを観察してみましょう。
    キリン、ゾウ、カバ、ペンギンなどの、なかなか特徴的なシーンが描かれています。
    それに対する二人の会話が素敵です。
    動物たちの行動を言葉で描写し、素直な感想を述べています。
    こういう表現のバリエーションは、やはり子どもたちにたっぷり聞かせてあげてほしいです。
    ラストはお楽しみのお弁当。
    もちろん、両親も同行しているはずですが、絵はあくまで子どもたち二人を描写しています。
    それだけに、二人のセリフが輝いているような気がしました。
    大人はぜひ、あとがきも読んでほしいです。

    掲載日:2012/04/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 観察力

    しろくまちゃんと一緒に動物園に出かけたこぐまちゃんのお話です。

    水を飲むキリンや、鼻でリンゴを食べるゾウ等、様々な動物たちの仕草が描かれていて良いなぁと思いました。

    動物園に行ったら是非、こぐまちゃんが見たような動物たちの姿が見られると、より一層楽しめるのではないかと思いました。

    この絵本を読んだ後、動物園に行きたくなってしまうオススメの一冊です☆

    掲載日:2008/12/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「こぐまちゃんとどうぶつえん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おふろだいすき / しょうぼうじどうしゃじぷた / きんぎょがにげた / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(123人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット