しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

しあわせハンス」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

しあわせハンス 作:グリム
絵:フェリクス・ホフマン
訳:せた ていじ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1978年
ISBN:9784834010817
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,637
みんなの声 総数 11
「しあわせハンス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • リズム感ならこちらが上?

    働き続けて7年経って、家に帰りたいと暇を願い出たハンス。
    ご主人は、「7年間よく勤めてくれたから」と頭ほどもある金の塊をひとつハンスにくれました。
    さて、そこからはハンスが家に帰るまでの顛末です。
    金が馬に替わり、馬が牛に替わり、牛が豚に替わり…、そして最後に何にもなくなっちゃった。
    不思議なもので、バナーデット・ワッツさんの『しあわせなハンス』を読んだときには、ハンスはそれでもしあわせだと思ったものですが、フェリクス・ホフマンさんの『しあわせハンス』を見ていると、「こいつバカじゃないの」と思ってしまったのです。

    グリムの童話をギュッと凝縮した顛末物語が、絵本の下にまるでテロップのように流れていきます。
    ギュッと凝縮した分だけ、ストレートに話が流れていきます。
    そして、絵が左から右へ、右の端から次のページへと絵巻物のように展開していきます。
    ハンスの気持ちより、事実経過が淡々と流れていくのです。
    それに、なんと途中で出会う男たちの曲者らしさ。
    どうしてもハンスが騙されている感が強い。

    そしてラストシーンです。
    ノー天気に「まったく、ぼくぐらいしあわせもんは、てんかにいないや」なんて自己満足したハンスの先に自分の家。
    塀の向こうにお母さんが手を振っているけれど、その後どうなったんだろうなどと、意味深い終わり方までしています。
    ひょっとしたら、この後「ふこうなハンス」が始まるかもしれないと心配になりました。

    印象が全く異なって感じられる『しあわせハンス』と『しあわせハンス』。
    良かったらお試しください。
    わたし的には、ホフマンさんの作戦勝ち。
    せたていじさんのアシストばっちりといった感じでした。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「しあわせハンス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット