もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

およぐ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

およぐ 作・絵:なかの ひろたか
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1981年02月
ISBN:9784834008692
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,538
みんなの声 総数 50
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 園でプールがあるので

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    園でプールがあるので読んでみました。
    水が苦手な子っていますよね。うちの子も今では大丈夫になりましたが、最初はそうでした。水の中で目をあけるのはまだしていないのかな?
    この絵本も本格的にバリバリクロールだの平泳ぎだのするものではなくて、水慣れからスタート!
    幼児に良いと思います。
    水への苦手意識が少しでも減るといいですね。

    掲載日:2016/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ためになる!

    動物はみんないぬかき泳ぎ。
    でもなぜ泳げるのか、それは体が水にうくからだ。
    泳げるまでの過程が丁寧に描かれており、水に濡れても平気、練習している姿など、読んでいると自分も泳げるような感覚になる。
    今子供はスイミングスクールに通っているので、とても興味ある絵本でした。一人で声を出しながら読み、喜んでいました。

    掲載日:2015/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • プールへの入り口に

    力強い絵が印象的で、思わず一緒に泳ぎたくなるような絵本です。

    5歳の娘は泳ぐのが大好きで、図書館でこの絵本を見てすぐに「これ借りる!」と持ってきました。

    絵本では人間のからだが水に浮くことから始まりシャワーや、水に顔をつける練習などをして、バタ足できるまでが描かれています。

    すでにスイミングスクールで12.5メートルを泳いでいる娘には、ちょっと物足りなかったようですが、それでもその後、お風呂で浮かんだりして遊びました。

    夏、水遊びが始まる前や、スイミングを習い始めるときの興味づけなどに良いと思います。

    掲載日:2012/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 刺激を受けたよ

    図書館から借りてきたのですが、この絵本、幼稚園にも置いてあるそうで。
    そうだろうなあ。子ども達の刺激になりそうだものなあ。
    プールが始まる前に、と思って読んでみたのですが、ほんとに刺激に
    なりました。
    娘、読んですぐに「顔を水につける練習する!」と。
    4歳だった去年の夏も顔を水につけるくらいはできたのですが、「目を
    あけたまま」だとなかなかつらいようで。そうして「顔を水につける」こと
    はできても、「頭を全部水の中に入れる」ことはできなかったのです
    (上から押してあげたらものすごく怒られた記憶が。汗)。
    しかし。
    できました!やったー!!
    最初、洗面器にお湯をいれてあげて「目をあけたまま顔をつける」ことが
    でき、それから浴槽にお湯をためて、今度は頭全部も!
    一歳年を取ったから、というのもあるのでしょうが、なかのひろたかさん
    の描いた絵がわかりやすくて「自分にもきっとできる!」と思えたのでは
    ないかなあって思います。
    主人公の男の子の様子が、簡単そうでもなく、かといってやたらと怖がって
    いるわけでもなく淡々としているのがよかったのかな?

    今日もまた、お風呂で練習するとはりきっている娘です。
    プールが始まったら、もっともっと練習しようね。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 速攻で効果が出る!

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子7歳、女の子5歳

    最近レビューを読んで欲しいと思っていた絵本です。
    遠出の散歩途中でリサイクル本のお店を発見し
    立ち寄ったところこの絵本を発見しました。
    リサイクルなので若干の使用感はあるけれど美品でした。
    (やった!!)

    1年生でまだ水に顔をつけれない長女。
    年中でスミング教室へ行っている次女。
    どちらともに役立つ内容でした。
    一度読んだらその夜のお風呂で
    腕や足を浮かせてみて試していました。
    効果バツグンの絵本だと思います。

    掲載日:2012/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大変参考になりました

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    5歳になった上の娘。
    周りでは、スイミングに通ったりして泳げる子が増えてきました。
    でも娘は顔を水につけることもできません。
    ちょっとはやる気を出してくれるかな?と期待してこの本を読んでみました。
    顔を水につけて、体を浮かせて、呼吸をして、と順を追って優しく解説してくれます。
    なぜ体が水に浮くのか、なんて考えずに泳いでいた私も、なるほど〜と納得。
    さて、期待した娘のやる気ですが、残念ながらあまり刺激されなかったようです。
    でも、いつか娘が「泳ぎたい!」と言ったとき、こういう風に導いていけばいいんだなぁと大変参考になりました。
    そしてその時が来たら、また娘と一緒に読み返したいと思います。

    掲載日:2010/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • この絵本は、いい本だよ!

     この絵本を目にするなり、食い入るように一通り読み終えた5歳孫娘。
     「おじいちゃん、この絵本は、いい本だよ!」

     そう、孫娘今一番の関心ごとは、この夏に、プールや海で泳ぐこと。
     泳げるようになるにはどうしたらいいか、泳ぐとはどういうことか、得心がいったようです。

     しかし、孫娘がちょっと首をかしげたのは、絵本の子どもたちが目を保護するために必須のゴーグルを付けていないこと。何するのでも用具選び(購入)から始まる昨今。泳げない孫娘でも、絵本に描かれていない立派な自慢のゴーグルを持っているのだ!

     そこで脱線。
     私。「この絵本が最初に出たのは30年前だからね。この絵本のように、おじいちゃんもお風呂屋さんで泳ぎの練習をしたし、ゴーグルなんて付けないで泳いだな」
     しばらくたって。
     孫娘。「おじいちゃん、こどもの方が良い所分かる?」
     私。「?」
     孫娘。「おじいちゃんは、むかしのこと。こどもは、今のことが分かる。(おじいちゃんには、今のことが分からない)」
     私。「・・・」

    掲載日:2008/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • およぎのメカニズム

    さすが“かがく絵本”!
    期待を裏切りませんね。
    生き物は大抵泳げる。それはどうしてか?
    水に浮くからだ。なぜ浮くのか?
    それは体の中に“浮き袋の働きをするもの”があるから。
    風船を例にあげての説明が子どもにもとってもわかり易かったようです。
    顔を水につけるのが苦手な娘は
    “おもいきって かおを みずに つけてみよう”というページで
    主人公の男の子がすかさず「いやだ」と言うところで爆笑していました。
    今の自分と全く同じだからです。
    顔を水につけるための練習方法も描かれていて
    とても参考になったみたいです。
    さてさて いつごろ 顔をつけられるかなあ・・・
    あまり期待しすぎないで待っていることとします^^

    掲載日:2008/06/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「およぐ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(50人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット